終了

足利花火大会

足利花火大会の写真

毎年40万人を超える観覧者でにぎわうことでも知られる、関東屈指の花火大会。栃木県足利市で行われる「足利夏まつり」のクライマックスを、この花火で締めくくる。1903年に創始され、一時は中断したものの、今年で103回目の開催となる。大玉の同時打上げやワイドスターマイン、日本の有名花火師が作った名玉花火や仕掛花火の競演など、見どころ盛りだくさん。約2万発が惜しげもなく打上げられる。クライマックスを飾る「大ナイアガラ」は圧巻の一言だ。渡良瀬川の河川敷には有料席が設けられ、じっくり見たい方にオススメ。会場から少し距離があるものの、小高い丘にある織姫公園では、花火とともに夜景が楽しめる。


「足利花火大会」の詳細情報

開催日 2017年8月5日(土)
開催時間 19:00〜20:45
打ち上げ数 約20,000発
昨年の来場者数 約40万人
雨天の場合 延期
有料席 あり
主催者名 足利夏まつり実行委員会
問い合わせ先 0284-21-1354
打ち上げ場所 藤岡渡良瀬運動公園(足利花火大会打ち上げ場所)
アクセス JR両毛線「足利」駅より、徒歩約5分
地図 地図アプリで見る