瀬戸合峡の紅葉情報

栃木 紅葉の見頃:10月中旬〜11月上旬
瀬戸合峡の写真

日光では、紅葉の名所と呼ばれる場所が3ヶ所あり、そのうちの一つ「瀬戸合峡」は、鬼怒川の侵食でできた峡谷です。高さ100mにもなる断崖に囲まれた渓谷が約2km続き、県道23号線から断崖と紅葉のコントラストを見下ろすことができます。紅葉の見頃は10月中旬から11月上旬で、ツタウルシ、モミジを観賞できます。大きな吊り橋の「渡らっしゃい吊橋」からは、紅葉が美しい紅葉の様子が鑑賞できます。紅葉の色彩と、目前の断崖の黒や白色の地肌が自然の力強さや美しさを引き立たせ、絶景を眺望できます。また、さらに遠くにある奥日光には、日本を代表する世界遺産「日光東照宮」があり、こちらでも美しい紅葉を楽しめます。

「瀬戸合峡」の紅葉詳細情報

紅葉の見頃 10月中旬〜11月上旬
アクセス 東武鬼怒川線「鬼怒川温泉」駅から「女夫渕行き」のバスに乗って約75分。「川俣平家塚」下車、徒歩5分
地図 地図アプリで見る
お問い合わせ先 日光市観光協会
HP 関連サイトはこちら

栃木の紅葉スポットランキング

条件から紅葉スポットを探す

その他の栃木の紅葉スポット