大沼公園の紅葉情報

北海道 紅葉の見頃:10月中旬〜10月下旬
大沼公園の写真

北海道の南西部に位置する亀田郡七飯町は、駒ヶ岳の噴火によって起こった、岩屑なだれが河川をせき止める形でできた「大沼」を始めとする湖などが点在しています。「大沼公園」は敷地面積90.83平方キロメートルと、北海道の中でも特に広大な面積を誇る国定公園です。大沼公園の紅葉は、10月中旬~10月下旬が見頃となり、紅葉はイタヤカエデやナラなどが代表的です。大沼公園の紅葉ポイントでもある駒ヶ岳と湖畔は、紅葉の楽しみ方も様々。ドライブやサイクリングと共に楽しんだり、全体を眺望することができる標高約300mの「日暮山」に登山するなどもオススメです。10月になると始まる大沼の風物詩「わかさぎ漁」なども有名です。

「大沼公園」の紅葉詳細情報

紅葉の見頃 10月中旬〜10月下旬
アクセス JR「大沼公園」駅より徒歩すぐ
地図 地図アプリで見る
お問い合わせ先 七飯大沼国際観光コンベンション協会
HP 関連サイトはこちら

北海道の紅葉スポットランキング

条件から紅葉スポットを探す

その他の北海道の紅葉スポット