面河渓の紅葉情報

愛媛 紅葉の見頃:10月中旬〜11月上旬
面河渓の写真

愛媛県西条市と久万高原町の境に位置する、西日本の最高峰石鎚山のふもとに広がる渓谷。国指定の名勝地としても知られ、透明度の高い川は遊歩道からでも川底が見えるほど。見渡す限りの樹海、いたるところから突き出した断崖、滝、奇岩などが男性的で雄大な自然美を見せてくれます。紅葉は10月中旬から10月下旬頃に色づきはじめ、白い岩肌にモミジ、カエデなどの赤や黄色い紅葉という素晴らしい景観が楽しめます。水の青、苔の黒、岩の白、藻の緑に紅葉の赤を加えた5色の彩りが美しい五色河原や、川のの両岸にカエデが色づく紅葉河原など散策途中にも紅葉狩りを楽しめます。面河渓内は道幅が狭いため、すれ違う際は注意が必要です。

「面河渓」の紅葉詳細情報

紅葉の見頃 10月中旬〜11月上旬
アクセス 「松山IC」より車で約80分
地図 地図アプリで見る
お問い合わせ先 久万高原町観光協会
HP 関連サイトはこちら

愛媛の紅葉スポットランキング

条件から紅葉スポットを探す

その他の愛媛の紅葉スポット