永観堂の紅葉情報

京都 紅葉の見頃:11月上旬〜11月下旬
永観堂の写真

永観堂(禅林寺)は京都市左京区にある寺院です。創建は863年と伝わり、1100年以上にわたって京都の人々の信仰を集めてきました。例年の色づき始めは11月中旬で、見頃は11月中旬から11月の下旬です。紅葉する木の種類はモミジやカエデなど約3,000本の木が赤々と燃えます。垣のように連なった岩に赤や黄色の紅葉が映える様から、「岩垣もみじ」とも呼ばれています。敷地内から見える多宝塔と紅葉の光景は相性抜群です。11月7日(火)から12月6日(水)まではライトアップも行われます。境内中央にある放生池に紅葉が映る様子を眺めてみたり、幻想的な雰囲気を見せる境内をめぐったりして夜の紅葉を堪能するのもおすすめ。

「永観堂」の紅葉詳細情報

紅葉の見頃 11月上旬〜11月下旬
アクセス 地下鉄烏丸線「京都」から、「烏丸御池」にて地下鉄東西線「六地蔵方面行き」乗り換え、「蹴上」下車、徒歩約15分。京阪電車「三条」から市バス5系統で「南禅寺永観堂道」下車、徒歩約3分。京阪電車「神宮丸太町」から市バス204、93系統「東天王町」下車、徒歩約8分。市バス100系統で「東天王町」下車、徒歩約8分
地図 地図アプリで見る
お問い合わせ先 永観堂
HP 関連サイトはこちら

京都の紅葉スポットランキング

条件から紅葉スポットを探す

その他の京都の紅葉スポット