北野天満宮の紅葉情報

京都 紅葉の見頃:11月下旬〜12月上旬
北野天満宮の写真

京都市の北野天満宮は、梅とモミジが有名なスポットです。境内西側のもみじ苑には水防のための「御土居」があり、モミジが約300本、中には樹齢350年から400年のものが数本。これは菅原道真公が愛したモミジで、今も道真公を偲ぶように境内を染め上げます。もみじ苑北側には鶯橋(うぐいすばし)があり、橋の下には清流紙屋川が流れ、川面に映る紅葉と赤い橋が見事な景観を作り出します。また展望所から眺める国宝本殿と紅葉の風景は正に絶景です。11月中旬~12月上旬に見頃を迎え、11月11日~12月3日の間はもみじ苑をライトアップする予定。駐車場は300台収容可能。参拝者に限り無料です。但し、毎月25日は駐車不可。

「北野天満宮」の紅葉詳細情報

紅葉の見頃 11月下旬〜12月上旬
アクセス 市バス停北野天満宮下車すぐ
地図 地図アプリで見る
お問い合わせ先 北野天満宮
HP 関連サイトはこちら

京都の紅葉スポットランキング

条件から紅葉スポットを探す

その他の京都の紅葉スポット