立山の紅葉情報

富山 紅葉の見頃:9月下旬〜11月上旬
立山の写真

立山は黒部アルペンルート周辺の大汝山・富士の折立・雄山などをまとめた総称。紅葉の見所をいくつかピックアップします。立山の紅葉のスポットでは、見頃の時期がそれぞれ異なります。標高が高い室堂平や大観峰は9月下旬~10月上旬、弥陀ヶ原や黒部平では10月上旬~10月下旬が良い時期。称名滝や黒部湖は10月中旬~10月下旬あたり。「称名の滝」は落差日本一を誇る滝。水煙をあげながら流れ落ちていく様子を紅葉とともに見られます。「弥陀ヶ原」は南北約2km・東西4kmの湿原が橙に色づき、紅葉がどこまでも続いてます。その他「悪城の壁」「美女平」「室堂平」など雄大な自然と紅葉が楽しめるスポットが多数あります。

「立山」の紅葉詳細情報

紅葉の見頃 9月下旬〜11月上旬
アクセス 富山地方鉄道立山線「立山駅」より、下車をしてケーブルカーを利用して、お気に入りの場所までケーブルカーやバスなどで移動してください。
地図 地図アプリで見る
お問い合わせ先 立山町観光協会
HP 関連サイトはこちら

富山の紅葉スポットランキング

条件から紅葉スポットを探す

その他の富山の紅葉スポット