海外をもっと身近に!世界の料理が楽しめるワーキングホリデーコネクションが原宿にオープン!

  • 1121 |
  • 最終更新:

世界を肌で感じられるカジュアル・ダイニング「Workingholiday Connection(ワーキングホリデーコネクション)」が、2016年7月11日(月)に東京・原宿にオープンしました。運営は、ワーキングホリデー制度を支援・促進している日本ワーキング・ホリデー協会です。第1弾のメニューは、ワーキングホリデーの渡航先としてお馴染みのオーストラリア料理。ここでしか味わえない驚きの料理も登場します!

ワーキングホリデーをもっと身近に!「ワーキングホリデーコネクション」がオープン!

東京・原宿に、2016年7月11日(月)にオープンする「ワーキングホリデーコネクション」は、海外へ興味を持っている若者の支援を目的としたカジュアル・ダイニングです。シーズンごとにワーキングホリデー協定国を中心とした世界各国の料理が味わえるほか、世界各国から取り寄せた食材で、その国独自の料理を紹介します。

また、スタッフにはワーキングホリデー経験者を起用。日本を飛び出し活躍した人たちのリアルな体験談を聞くことができるのも大きな魅力です。敷居が高い、難しいと思われがちなワーキングホリデーを身近に感じられる、今までにない新しい形のカフェとなっています。

第1弾はオーストラリア!本格志向な料理が楽しめる

第1弾のメニューは、日本で初めてワーキングホリデー制度を導入し、毎年渡航先として1番人気のオーストラリアの様々な料理が登場。シドニーのベストバリスタに日本人で唯一選出されたSasa Shoji氏のこだわりのコーヒーや、シドニーの有名パンケーキ店で料理長を務めた日本人が、帰国後に開発したオリジナルパンケーキなど、本格志向な料理が登場します。

各メニューをご紹介!スイーツから驚きのメニューまで味わえる!

アーティフィサーコーヒー 

オーストラリアの最有力誌「シドニーモーニングヘラルド」にベストバリスタとして選ばれ、その後バリスタ協会の審査員まで勤め上げた唯一の日本人、Shoji Sasa氏が焙煎したコーヒー豆を輸入しています。また、シーズンによって産地も厳選。さらにコーヒー豆独特の苦味を出さないため、極力浅煎りにして豆の本来の味や特徴を抽出しています。

価格:460円(ホット)/480円(アイス) ※税込価格

ふわとろパンケーキ

日本で和食を学び、オーストラリアへワーキングホリデーした後、シドニーの有名パンケーキ店で料理長を務めた日本人が帰国後に開発したオリジナルパンケーキが登場します。本場オーストラリアのリコッタチーズを使用したふわふわのパンケーキは、卵の風味が残っておりフレンチトーストにも近い味わい。今までにない新食感が楽しめます。

価格:1,000円~ ※税込価格

Manly Mess (マンリーメス)

マンリーメスは、容器に敷き詰めたかき氷の上に、メレンゲ、生クリーム、ラズベリー、ストロベリー、エディブルフラワーを盛り付けた目にも舌にもおいしい新感覚スイーツです。メレンゲを崩しながら、ふわふわのかき氷とかき混ぜ、食べやすいよう容器の中でごちゃ混ぜにして食べるのが一般的。本場オーストラリアでは、海から上がって火照った体を冷やすために食べられており、猛暑が予測される今年の日本にはぴったりの一品です。

価格:1,000円~ ※税込価格

ワニの手羽先(ディナーのみ)

ワニの肉は、硬くゴツゴツとした外皮からは想像がつかないほど透き通るように白く、脂が乗った鶏ササミ似ており、牛や豚よりもさっぱりとした味が特徴です。そんなワニの前足をワイルドな手羽として提供。ワニ肉の独特な食感も楽しむことができます。

価格:3,000円 ※税込価格

英語でメニューを注文するとFree Coffee Ticketをプレゼント!

「ワーキングホリデーコネクション」でメニューをオーダーする際にはぜひ英語を使ってみてください。次回来店時のコーヒーが1杯無料になるFree Coffee Ticketが貰えて大変お得です。

海外と日本を、新たな形で結ぶ「ワーキングホリデーコネクション」。海外に興味がある方はぜひ足を運んでみてください。

店舗詳細
店舗名:Workingholiday Connection(ワーキングホリデーコネクション)
所在地:東京都渋谷区神宮前4-31-10  YMスクエア原宿2F
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
公式サイト:http://wh-c.jp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ