東京・銀座にカイピレ登場!リオデジャネイロの人気カクテルが日本初上陸

  • 868 |
  • 最終更新:

リオデジャネイロで大人気のカクテル「カイピレ(Caipile)」が7月6日、日本に初上陸しました。場所は東京・銀座にあるシュラスコ レストラン「Super Bacana(スーペル バッカーナ)」です。アイスバーの入ったフルーツカクテルは、「アバカシ(パイナップル)」、「ココナッツ」、「マンゴー」の3種類。暑い夏にぴったりのカクテルです。

シュラスコレストラン「スペール バッカーナ」銀座2丁目店 

レストラン「スペール バッカーナ」はブラジル料理「シュラスコ」のパイオニアとも言えるレストランです。スペール バッカーナ銀座2丁目店は、銀座2号店として2016年7月にオープンしました。
ブラジル料理・シュラスコとは、ブラジル生まれのバーベキュー料理です。スペール バッカーナでは1mもの長い銀串に巨大な肉塊を刺して豪快に焼きあげられます。シュラスコを焼きあげるシュラスコマシーンやグリルは、客席からも見られるよう配慮されているのが魅力です。ジュージューと肉を焼かれる様子が、訪れる人の食欲をそそります。

そんなスペール バッカーナ銀座2丁目店に2016年7月から提供される「カイピレ」は、リオデジャネイロで大人気のカクテルです。フルーツカクテルにアイスバーが合わせられた爽やかなカイピレを飲み、暑い夏を乗り切りましょう。

南国のカクテル「カイピレ」 3種のフレーバー

ライム以外のフルーツで作られたカクテルは、ブラジル語で「カイピフルッタ(Caipifruta)」と呼ばれています。このカイピフルッタに、ブラジルのアイスバー「ピコレ(Picole)」を入れて作るのが「カイピレ」です。
スーペル バッカーナでは、この夏「アバカシ(パイナップル)」、「ココナッツ」、「マンゴー」の3種類のカイピレが提供されています。値段は各1,100円です。
また、シャンパーニュにピコレを入れた1,500円の「ピコレ コン シャンパーニュ(Picole com champanhe)」も新たに登場する予定です。

スポット情報
名称:Super Bacana(スーペル バッカーナ)
住所:東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE銀座10F
アクセス:都営三田線御成門駅より徒歩約6分
営業時間:
月~金/ランチ 11:30~15:00(LO.14:30)
土日祝/ランチ 11:30~15:30(LO.15:00)
月~土/ディナー 17:30~23:00(LO.22:00)
日祝/ディナー 17:00~22:00(LO.21:30)
ホームページ: http://superbacana2519.wix.com/bacana

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ