佐賀県から「潟」を直送!「ガタバーfrom SAGA」が期間限定で青山にオープン!

  • 847 |
  • 最終更新:

佐賀県から干潟の泥を直送し、都会のど真ん中に泥のプールを作る「GATA-BAR(ガタバー)from SAGA」が、2016年7⽉22日(⾦) から7⽉31日(日)まで、10日間の期間限定で青山通り「COMMUNE 246」内にオープンします。世界初の「潟」に浸かれるBARで、佐賀の日本酒や名産品を楽しめる、これまでにない斬新なイベントです。

日本一の干潟、有明海を青山に再現!

佐賀県の情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の事業の一環として開催される「GATA-BAR(ガタバー)fromSAGA」。泡パやSlide the Cityなど,数々の話題のイベントを仕掛けるパーティークリエイター「アフロマンス」とコラボレーションによって実現したイベントです。
有明海は日本一の干満の差を誇る干潟で、干潮時には全国の干潟の4割の面積を占める巨大な干潟となります。地元では干潟を「ガタ」という愛称で呼び、、夏には干潟を利用した競技イベント「ガタリンピック」も開催されるなど身近な場所として親しまれています。ムツゴロウやワラスボなど、ここでしか見ることのできない希少生物が生息する自然環境の良さも魅力です。
「GATA-BAR(ガタバー)from SAGA」には、そんな「有明海の干潟」をそのまま使って作った「潟泥のプール」が登場。プールにつかりながら佐賀の地酒や名産を楽しめるバーとして営業し、佐賀県と有明海の魅力を伝えます。

佐賀の銘酒を名産のつまみと楽しもう

美味しい地酒と名産品の数々を忘れてはいけません。佐賀県は九州で「日本酒県」と言われるほど酒造りが盛んな土地です。今回の「ガタバー」では、フルーティーな香りとなめらかな味わいが特徴の「純米吟醸 幸姫」や、芳しい果実香が特徴の「能古見 純米吟醸」、軽快でなめらかな味わいの「肥前蔵心 純米吟醸酒」など、有明海に近い酒蔵の純米吟醸酒を中心に取り揃えられています。佐賀海海苔、ムツゴロウやワラスボのドライフード、佐賀県産温州みかん100%のジュース「みかん100」など、東京ではなかなか味わえない名産品の数々もあわせて楽しむことができます。


汚れてもいい服、着替え必須!

「潟」のプールに入れば当然泥で汚れます。Tシャツや短パン、水着など汚れてもいい服装を準備していきましょう(数量限定でTシャツと短パンも販売されています)。会場には着替えスペースやシャワーも用意されていますが、混雑も予想されますので、時間に余裕を持って来場されることをお勧めします。

■スポット情報
名称:GATA-BAR(ガタバー)from SAGA
開催期間:2016年年7⽉22日(⾦) 〜7⽉31日(日) 10日間限定 (期間中定休日なし)
営業時間:17:00 〜 22:00
場 所:東京都港区南青山3-13  COMMUNE 246 エリア「TOBACCO STAND」
参加費:無料 (お酒や名産品は有料)
アクセス:地下鉄「表参道」駅「A4」出口から国道246号を外苑方面に徒歩2分
電話:03-5572-7375
公式サイト:http://gatabar.com/

------WebKitFormBoundaryKUtPft0cdq4RzMtA Content-Disposition: form-data; name="TdkTitle" 佐賀県から「潟」を直送!「ガタバーfrom SAGA」が期間限定で青山にオープン!

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ