スーパートリック3Dアート展、さいたまスーパーアリーナTOIROで7月29日開催!

  • 2322 |
  • 最終更新:

さいたま新都心にあるさいたまスーパーアリーナTOIROで、「スーパートリック3Dアート展」が開催されます。日程は7月29日(金)から8月21日(日)まで。立体的に見える絵画や、目の錯覚を利用して作られたアート作品の中に入りこんでみませんか。あっと驚くこと間違いなしの展覧会です。

埼玉では過去最大規模となるトリックアート展覧会

さいたまスーパーアリーナTOIROは、さいたま新都心駅から徒歩約4分、JR北与野駅からも徒歩7分ほどの場所にあります。こちらで開催される「スーパートリック3Dアート展」は、埼玉では史上最大規模となるトリックアートの展覧会です。作品を手掛けたのは、さまざまな場所にトリックアートを提供してきた日本を代表するトリック3Dアート作家、服部 正志氏。さまざまな目の錯覚を利用して作られたトリックアートを、これまでにない規模で存分に楽しめるチャンスです。

3Dアートの魅力 写真を撮って楽しもう!

3Dアートとは、立体感のある空間やものを壁と床だけを使って、まるでそこにあるように見せる不思議な絵画作品です。作品に入り込めば、ただ立っているだけで空を飛んでいるように見えたり、滝つぼに落ちていくようにみえたりと、まるで絵画に描かれた物語の中に入り込んだような体験をすることができます。会場には、そのほかにも隠し絵や逆遠近錯覚、心理錯覚、視覚錯覚を利用したトリックアートも満載です。

3Dアート写真の楽しみ方

3Dアート作品の醍醐味はなんといっても写真撮影。絵画の前でポーズをとれば、「ありえない」写真を簡単に撮ることができます。
それぞれの作品に示されたカメラマークが目印です。絶好のカメラポジションを示したもので、作品はその位置から見て楽しめるように描かれています。そこからの撮影がベストです。
撮影する人はどんなポーズがいいか、写真に入り込む人にアドバイスしてあげましょう。恥ずかしがらずにいろいろなポーズを楽しむのが、面白い3Dアート写真を撮るための一番のポイントです。

■イベント情報
名称:スーパートリック3Dアート展
会期:2016年7月29日(金)~8月21日(日) 10:00~17:30(17:00最終入場)
会場:埼玉県さいたま市中央区新都心8 さいたまスーパーアリーナ TOIRO 4F
入場料:大人900円、小人600円(3歳以上~小学生)、3歳未満は無料
アクセス:
[車]首都高速埼玉大宮線「新都心出口」から500m
[公共交通]JR京浜東北・宇都宮・高崎線さいたま新都心駅より徒歩4分

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ