参加型ゲームで学べる「塩の学習室」たばこと塩の博物館で7月21日より開催

  • 350 |
  • 最終更新:

東京都墨田区にあるたばこと塩の博物館では、7月21日(木)から8月31日(水)まで、夏休み塩の学習室「買い物ゲームで塩さがし!2016」が開催されます。参加型のゲームで遊びながら「塩」について学べる、自由研究の題材にもぴったりのイベントです。

今年で37回目を迎える「夏休み塩の学習室」 意外な塩の使い方を知ろう!

開館以来、小中学生主対象にずっと開催されている「夏休み塩の学習室」は今年で37回目を迎えます。今年は以前も好評を博した「買い物ゲーム」が復活します。展示室に作られた「スーパーマーケット」で品物を選びレジでバーコードを当てると、その中でどんなふうに塩が使われているか学ぶことができる体験型の展示です。
料理の味付けに使う塩は、実は食べ物以外の様々なものに使われています。コップやアルミホイル、ティッシュペーパーなどの日用品でも、製造の工程で塩が使われます。そんな塩のいろいろな用途を楽しみながら学習していきます。
そのほかにも実験ワークショップや教材用にメキシコ天日塩がもらえるコーナー、塩のことがもっと学べるパソコンクイズなども開催され、塩について深く学べるユニークな展示が盛りだくさんの展覧会です。

「塩の実験室」

1階ワークショップルームでは「塩の実験室」が開催されます。会場では「海水から塩を作るには?」、「塩水は電気を通す?」、「氷に塩をかけると?」、「塩水でせっけんをかためる」の4つの実験をインストラクターがストーリーに従って実験します。所要時間は40分程で、1日4回の開催です。各回先着40名までの参加となっています。

「体験コーナー」

2階特設スペースでは、「備長炭電池づくり」と「塩の結晶工作」の二つのワークショップを楽しむことができます。こちらは各回先着20名です。それぞれのワークショップは1日数回開催されます。所要時間は「備長炭電池づくり」が20分、「塩の結晶工作」が40分です。当日10時から2階スペースで整理券が配布されます。参加ご希望の方はお早めに来場されることをお勧めします。

■イベント情報
名称:第37回 夏休み塩の学習室「買い物ゲームで塩さがし!2016」
会期:2016年7月21日(木)~8月31日(水)
会場:たばこと塩の博物館 2階特別展示室・特設スペース、1階ワークショップルーム
住所:東京都墨田区横川1-16-3
アクセス:東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅から徒歩8分)
入館料:一般・大学生 100円(50円)、小・中・高校生 50円(20円)
     満65才以上の方 50円(20円)
     ※( )内は20名以上の団体料金。
     ※障がい者の方は障がい者手帳などのご提示で付き添いの方1名まで無料。
開館時間:午前10時~午後6時(入館締切は午後5時30分)
休館日:月曜日
公式ページ: http://www.jti.co.jp/Culture/museum/

「塩の実験室」
場所:1階ワークショップルーム
時間:1日4回 各40分 各回先着40名(各回15分前に開場予定)
   第1回 10時30分~/第2回 13時~/第3回 14時30分~/第4回 16時~

「体験コーナー」
場所:2階特設スペース
時間:時間割に従って一日数回の開催
    各回先着20名(当日10時から2階スペースで整理券を配布)
 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ