天井も壁もないホテルが出現!北海道・十勝帯広の広大な牧草地でアウトドアステイを楽しもう!

  • 1780 |
  • 最終更新:

北海道・十勝帯広の5万6,000坪の広大な牧草地に、 天井も壁もないユニークなホテル「「MEMU EARTH HOTEL」が出現します。 日程は2016年8月から10月までの週末限定です。五感で楽しめる最高に贅沢なアウトドア宿泊を体験してみませんか?

MEMU EARTH HOTEとは?

「地球に泊まり風土を味わう」がコンセプトの大自然一体型宿泊施設です。朝霧の幻想的な風景や、素足でも気持ちよく過ごせる牧草の大地、ひょっこり顔をのぞかせる野うさぎ、寝転がった目線の高さで見える星空など、日常では味わえない地球を体感できます。

MEMU EARTH HOTELの特徴は?

自然との共生がテーマの公益財団法人 LIXIL住生活財団の研究施設「メムメドウズ」内に宿泊棟を用意してあります。5万6,000坪もの牧草地の中に宿泊できるのは1日8組限定です。遮るものがない景色をじっくりと眺めてみませんか。天井のないホテルは、ベッドだけが置かれたシンプルな部屋です。満天の星空の下で焚火を囲みながら大人はシャンパンを、子ども達は焼きマシュマロをいただける焚火barなど、北海道を満喫できる贅沢なアウトドア体験が提供されます。

プランをご紹介

広々とした贅沢な空間で存分に楽しめるプランが3つ用意してあります。

Basicプラン:6棟

Basicプランは、ファミリーや友人同士で楽しめる大型のグランピングテントに宿泊できます。子どもの心をくすぐるインテリアに囲まれており、広大な自然を眺めながら贅沢な時間を過ごせるでしょう。

Premiumプラン:1棟

Premiumプランは1棟だけ、特別仕様のペア専用テントです。最高級のシモンズ製ベッドとこだわりのインテリアで、大切な人とくつろぎの時間を過ごしませんか。

天井のないホテルプラン:1棟

牧草地の真ん中に天井も壁もない部屋が登場します。隈 研吾氏設計の実験住宅「Meme(メーム)」とセットで宿泊OK。遮るものがない景色を堪能してください。

十勝帯広の豊かな食材を学びながら味わうネイチャーディナー

食事は、宿泊者が自ら調理に参加し自然を感じながら味わえるネイチャーディナーが用意してあります。地元・十勝帯広産にこだわり、十勝の放牧豚「どろぶた」で有名なエルパソ牧場を営む平林 英明氏が地元食材を提供。また、料理の監修を務めるのはダッチオーブン料理が得意な西麻布「HOUSE」の料理長・谷 祐二シェフです。大きな肉の塊を豪快にダッチオーブンに入れ火をかけたり、庭に生えたハーブを積んで香り付けをしたり、大自然だからこそ体験できる食事を楽しめます。

地域と触れ合う食と自転車のスペシャルイベントを開催予定

期間中、2つのイベントを開催する予定です。1つは、北海道にゆかりのある料理人や飲食店、生産者が集合し郷土料理や新鮮な食材を楽しめるフードイベント「Memu Restaurant Day(仮)」。日程は2016年9月10日(土)と11日(日)に開催する予定です。もう1つのイベントは、自転車で帯広空港からメムメドウズを目指し、チェックポイントを巡りながら十勝帯広の大自然を満喫するサイクリングイベント「Memu Bike Day(仮)」を、2016年10月8日(土)から10日(月・祝)にかけて開催する予定です。

隈研吾建築事務所監修の実験住宅を宿泊者向けリビングに

メムメドウズは、建築家・隈 研吾氏が審査委員長を務める、世界の建築系大学研究室が対象のコンペを実施しています。特別に宿泊者向けの共用リビングに活用するのは、コンペで最優秀案に選ばれた実験住宅です。寒さを楽しむ家・馬と暮らす家など、独創的なテーマをもとに建築した実験住宅を見ながら、次世代の住宅技術を学ぶ建築ツアーも開催する予定だと言います。

十勝帯広の豊かな自然の中でゲスト自身が作り上げる体験

MEMU EARTH HOTELの所在地でもある北海道大樹町字芽武。土地の名前「芽武(メム)」は、アイヌ語で「泉の湧き出るところ」という意味を持ちます。名前の通り冬季は厳しい寒さにも見舞われますが、季節が美しく移ろう豊饒の大地です。豊かな自然環境の中でベッドやソファ、快適なテントは用意されますが、一般的なホテルやグランピング的なおもてなしを提供するわけではありません。ゲスト自身が豪快なアウトドア料理に参加し大きな焚火に火をつけ、自分の力で作り上げていく体験を通して大自然を満喫できる宿泊プランです。

予約方法は?

MEMU EARTH HOTELへの予約は公式サイトより行いましょう。イベント情報・施設情報等は、WEBサイト内で随時更新されます。

イベント詳細
名称:MEMU EARTH HOTEL
所在地:北海道広尾郡大樹町字芽武158-1 メムメドウズ施設内
アクセス:帯広空港より車で約50分 ※希望者にはチャーターバスを用意
開催期間:2016年8月~10月 ※週末限定営業
公式サイト:http://memu.earthhotel.jp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ