よみうりランドの新お化け屋敷「ひゅ~どろ」が7月16日オープン!あなたを最恐の恐怖が襲う。

  • 2379 |
  • 最終更新:

東京都稲城市と神奈川県川崎市多摩区にまたがる遊園地「よみうりランド」では、この夏お化け屋敷を全面リニューアル。7月16日(土)から9月11日(日)の期間限定でお化け屋敷「ひゅ~どろ」となって新装開店します。お化けアクターも登場するスリル満点のお化け屋敷、あなたはその恐怖に耐えられますか?

さらに恐怖を増して新装オープンするお化け屋敷「ひゅ~どろ」

7月1日にはウォータースライダーも楽しめる大型プール施設「プールWAI」もオープンし、夏本番を迎えたよみうりランド。夏休み期間中は人気のよしもと芸人が日替わりでイベントを行う「よみうりランド×よしもと ワイワイ笑フェス」や、園内の飲食店で夏の特別メニューを楽しめる「南国グルメフェスタ」など、さまざまなイベントを楽しむことができます。そんな夏のイベントの目玉として企画されたのがお化け屋敷の全面リニューアル。これまであったお化け屋敷「無黒屋」をリニューアルし、お化け屋敷「ひゅ~どろ」をオープンします。山奥にある旅館「ひゅ~どろ」を舞台に繰り広げられる、夏の間だけの恐怖のお化け屋敷は、不気味な濃い赤紫色の建物の中で来場者をさらなる恐怖の世界に引きずり込みます。

舞台は山奥にある旅館「ひゅ~どろ」。

室町時代より、名刀といわれ現存する「天下五剣」の力を良化する妖力を持つとされる六振目の妖刀「紅蓮幽鬼切」。そんな刀が祀られていた旅館「ひゅ~どろ」を訪れ、決して抜いてはならない刀を抜いて取り憑かれた旅人は、宿に棲み、人の生き血を欲する妖魔となって、次から次へと人を切り刻んでいきます。

妖魔「紅蓮幽鬼切」となった旅人は、さらに妖力で天下五剣を引き寄せ、刀たちは悪しき「もののふ」へと姿を変えました。来場者には宝刀「紺碧十文字」が与えられ、妖魔「紅蓮幽鬼切」と「もののふ」に立ち向かってもらいます。はたして「ひゅ~どろ」は元の平和な旅館の姿を取り戻すことができるのか。夏限定のお化け屋敷が、来場者を恐怖の世界に導きます。

■スポット情報
名称:新お化け屋敷「ひゅ~どろ」紅蓮の刃
住所:東京都稲城市矢野口4015-1(株式会社
期間:7月16日(土)~9月11日(日)
料金:300円 ワンデーパス・プール付ワンデーパス・ひよこパス利用可 入園料別途 
アクセス:京王線「京王よみうりランド」駅下よりゴンドラ「スカイシャトル」で5~10分
      小田急線「読売ランド前」駅より小田急バスで10分
営業時間:9:00~20:00、10:00~17:00など ※詳細は公式HPを確認
定休日:期間中休園なし
公式ページ:http://www.yomiuriland.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ