東京・日本橋でアートアクアリウム開催!10周年の目玉は新作「超・花魁」

  • 5345 |
  • 最終更新:

東京・日本橋三井ホールで今年も「アートアクアリウム展」が開催されます。開催期間は2016年7月8日(金)から9月25日(日)まで。手掛けるのはアクアリストの木村英智氏です。開催してから10年間の動員数は累計600万人を誇り、日本の夏の風物詩となっています。2016年は誕生10周年を記念し新たな超大作も登場する予定です。さらにスケールアップしたアート・エンターテインメント性の高い展示を楽しめますよ。金魚が舞う煌びやかな和の光景を堪能してみてください。

アートアクアリウムが今年も開催!テーマは「江戸・金魚の涼」

アートアクアリウムは、和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など最新の演出技術が融合した水中アートの展覧会です。日本人に親しまれてきた金魚にスポットが当てられています。和金や出目金、流金、地金、土佐金、ナンキンなどさまざまな金魚たちが舞う煌びやかな光景は必見です。
さらに今年は、アートアクアリウムが誕生して10周年にあたる記念すべき年。これまでの最大数5,000匹を超える、約8,000匹の金魚が展示される予定です。

今年のテーマは「江戸・金魚の涼」。江戸時代、日本橋で金魚が庶民文化として根付き、金魚を鑑賞して涼をとっていた文化を現代に蘇らせます。また、「江戸の花街」を会場コンセプトに、ガラス工芸「江戸切子」を用いた作品や神秘的な赤い柱が設置。非日常的で幻想的な世界が楽しめます。

目玉はアートアクアリウムの代表作「花魁」を進化させた新作「超・花魁」

10周年の目玉は新作「超・花魁」。アートアクアリウムの処女作で10年に渡り主役の座にあり続けた「花魁」を進化させた作品です。超・花魁は巨大金魚鉢と、その金魚鉢を囲む14個のアクアリウムの合計15個で構成。七色に光り輝くライティングと、神々しさを際立だせる映像効果で見るものを圧倒します。
また、金魚鉢の大きさは直径・高さ約2.5m、作品全体の大きさは最大直径5.6m・高さ3.5m、水量は「花魁」の3倍以上にもなりアートアクアリウム史上最大です。巨大金魚鉢で、花魁を目指す遊女が遊郭で生きる世界を表現しています。金魚鉢を取り囲むアクアリウムとその中を泳ぐ金魚は、花魁が花魁道中するイメージです。

19時からはナイトアクアリウムが開催!週末はDJのパフォーマンスも楽しめる

開催期間中は毎夜19時からナイトアクアリウムが実施されます。音楽と照明を転換し、エンタテインメント性の高い大人の空間を演出する展示です。アートアクアリウム・オリジナルの金魚カクテルやモヒート、ビールなどを飲みながらゆったりと鑑賞してみてはいかがでしょうか。
また、週末は国内・海外トップDJによるDJパフォーマンスも楽しめます。オープニングイベントにはDJ・石野卓球や、全英ヒットチャートを沸かせるGORGON CITY、8月にはDJのテイ・トウワなど、大物アーティストが登場する予定です。

イベント詳細
名称: アートアクアリウム2016 〜江戸・金魚の涼〜 &ナイトアクアリウム
会場:日本橋三井ホール
住所:東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 5F
開催期間:2016年7月8日(金)~9月25日(日)
開催時間:11:00〜23:30(最終入場 23:00) 
アートアクアリウム(11:00〜19:00)/ナイトアクアリウム(19:00〜23:30)
入場料:大人1,000円、子ども(小学生以下)600円、3歳以下無料
公式サイト:http://artaquarium.jp/nihonbashi2016/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ