絶叫アトラクション「テンテコマイ」が7月16日、富士急ハイランドに誕生!

  • 5474 |
  • 最終更新:

操縦回転系絶叫アトラクション「テンテコマイ」が山梨県の富士急ハイランドにて2016年7月16日(土)に誕生します。2011年に建設されたローラーコースター「高飛車」以来5年ぶりに導入されたスリルアトラクションです。セルフ操縦式であるにも関わらずコントロールできない風の力で、どうしようもない「テンテコマイ状態」になってしまうかもしれません。この夏、ちょっとユニークなアトラクションにチャレンジしてみませんか。

富士急ハイランドについてご紹介

富士急ハイランドはギネス認定のアトラクションや日本1、日本初のアトラクションが勢揃いしている遊園地です。最高時速130km、最大落差70m、最高部79mとすべてが規格外のキングオブコースター「FUJIYAMA」や、世界最大落下度でギネス記録も保持している「高飛車」、わずか1.8秒で時速が172kmに達する「ドドンパ」、総回転数世界一のローラーコースターの「ええじゃないか」、最大落下角度121度の新大型ローラーコースターなど絶叫系アトラクションが満載です。そのほかにもアミューズメントボウリングや、人気アニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の世界観が楽しめるパビリオン「EVANGELION:WORLD」、とっとこハム太郎のアトラクション「ハムハムどきどき!王国」など多彩な遊具が楽しめます。
また、隣接する場所に日帰り天然温泉「ふじやま温泉」があるのも魅力的です。富士急ハイランドで遊んだあとは、ゆったりとお湯に浸かってみてはいかがでしょうか。

新アトラクション「テンテコマイ」とは?

「テンテコマイ」は日本最高峰の絶叫アトラクションが集結する遊園地・富士急ハイランドに7月16日(土)に誕生します。富士急ハイランドはこれまで世界最大落下度でギネス記録も保持している「高飛車」や、「FUJIYAMA」、「ドドンパ」、「ええじゃないか」などを建設してきました。テンテコマイは高飛車以来5年ぶりに導入される待望の新アトラクションです。セルフ操縦式で意図しない回転を繰り返し、どうしようもない状態に陥ります。思わずテンテコマイになるほどのスリルを味わえるでしょう。

速い!高い!スリル満点なアトラクション

ライドは地上約32mの高さまで上昇します。ライドについた翼を自分で操縦してみましょう。するとライドは右に左にと振れ幅が大きくなり、そのまま翼が風に乗って自分では制御できない状態になります。予想不可能な動きに散々振り回されて、搭乗者はまさにテンテコマイな事態になってしまうのです。富士急ハイランドでしか体験できないハイレベルな絶叫体験が堪能できます。
マシンの最高速度は時速40kmです。絶叫の宝庫・テンテコマイに乗り、快適でスリル満点な空の旅を楽しんでみませんか。

テンテコマイ詳細
最高到達点:約32m
最高速度:時速40km
所要時間:約3分
定員:24名
身長制限:130cm以上
年齢制限:60歳まで
利用料金:800円 ※フリーパス利用可能

イベント詳細
名称:テンテコマイ
会場:富士急ハイランド
所在地:山梨県富士吉田市新西原5-6-1
オープン日:2016年7月16日(土)
営業時間:平日9:00~17:00、土曜・日曜・祝日9:00~18:00 ※夏期延長営業あり
入園料:おとな(中学生以上)1,500円、こども(3才~小学生)900円
フリーパス:おとな5,700円、中高生5,200円、こども4,300円
電話番号:0555-23-2111
公式サイト:http://www.fujiq.jp/special/tentekomai/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ