ブルックリンリボンフライ原宿店オープン!注目の店舗を最速レポート

  • 6126 |
  • 最終更新:

2016年7月1日(金)に、フライドポテトとジンジャーエールの専門店「BROOKLYN RIBBON FRIES(ブルックリン リボンフライ)」がオープンします。表参道と駒沢でも人気を集めている店舗の新店とあって、注目まちがいなしです。asoview!編集部がオープン直前の店舗をいち早く取材してきました!

メニューはポテトとジンジャーだけ、「BROOKLYN RIBBON FRIES」

「BROOKLYN RIBBON FRIES」は、「ポテトとジンジャーで世界を平和にする」がモットー。2012年に表参道のcommune246のフードベンダー(屋台)から始まりました。その後2014年に駒沢にアメリカンスタイルのダイナーをオープン、そしてこの7月に3店舗目となる原宿店が誕生しました。場所は明治通り沿い。竹下通りの出口から30秒ほど歩いた所にあります。

店内の席などはなく、テイクアウトのみのポテトスタンド形式。カウンターで注文をして、つくりたてのポテトを受け取ります。多くの人が行き交う原宿で、「街の便利なポテト屋さん」を目指しています。

シンプルだからこそ引き立つセンスの良さ。スタイリッシュな内装はついつい写真に撮りたくなります。

全部制覇したい!?気になるメニュー

メニューはリボンフライ、オリジナルのジンジャーシロップを使ったドリンク、そして原宿店新登場のシェイブドアイス(かき氷)です。

リボンフライ

リボンフライのメニューは、ソルト&ペッパー、オニオンスープパウダー、オールスパイス、シナモン&シュガー、チョコレートの5種類。その中でもチョコレートをコーティングした「Chocolate Ribbon Fries 」は今回のオープンにあわせて考案された、原宿店限定メニューです。

ほんのり塩味を効かせたポテトに、こだわりのチョコレートをコーティング。ついついどんどん食べ進んでしまいます!

シェイブドアイス

暑い夏にぴったりのかき氷、「B.R.F Shaved ICE」も原宿店限定メニュー。味はオリジナルのジンジャーシロップを使ったハニージンジャーミルクと、甘さとしょっぱさが融合したソルティキャラメルの2種類です。

なめらかにシェーブドされたアイスとオリジナルのシロップの組み合わせは、少し大人の味。かき氷と言わず「Shaved Ice」と言いたくなるおしゃれさです。

ドリンク

ドリンクは全部で6種類。オリジナルのジンジャーシロップを使ったドリンクはジンジャーエール、ジンジャーティー、ジンジャーミルク、そして休日に飲みたいジンジャービールの4種がラインナップします。いずれもポテトと相性ばっちりのドリンクばかりです。

ちなみに、オリジナルのジンジャーシロップも販売しています。気に入ったら購入して家でドリンクを作ってみてはいかがでしょうか?ソーダで割ればジンジャーエール、ミルクで割ればジンジャーミルク。その他、焼酎のジンジャー割りも美味しいそうです!

asoview!編集部員は思わずジンジャーシロップを購入。1本2,400円です。焼酎のジンジャー割り、次の休みに試してみるしかありません…!

BROOKLYN RIBBON FRIES代表井本さんインタビュー

原宿店開店にあたっての思いなどを、BROOKLYN RIBBON FRIESの代表井本さんにインタビューしてきました!

-ブルックリンリボンフライは表参道、駒沢にありますが、表参道とほど近い原宿にオープンしようと思ったのはなぜでしょうか?

もともと2012年に表参道の246COMMON(※現COMMUNE 246)に第1号店をオープンしたのですが、246COMMON自体が期間限定の施設だと聞いていました。246COMMONがクローズして現在はCOMMUNE 246になっていますが、それも期間限定という話だったので、原宿・表参道でずっとぴったりの場所を探していました。今回たまたまこの場所がみつかってオープンすることになりました。

表参道店

-ポテトとジンジャーだけ、というラインナップに潔さを感じます。

もともと何かお店をやりたいと考えていたとき、最初は「モヒートとみそ汁」の店を思いついたんですよ(笑)絶対覚えるでしょ?シンプルな方がみんなに覚えてもらえる。それでNYにいるレストランプロデューサーのKiyoと相談していた時に、NYではフライドポテトとジンジャーエールが熱いよって聞いて、これだ!と思って始めました。決めてから1ヶ月でオープンしましたよ。

「お店」ではなく「ブランド」を作っていきたい

2012年にBROOKLYN RIBBON FRIESを始めた当初から、単なる飲食店ではなく、ブランドを作っていきたいという思いがありました。2013年にオリジナルのジンジャーシロップを商品化して発売したのも、ブランドづくりの一環です。あと、ずっと言ってて実現してないんですけど、ポテトチップスとかも作りたいなってのは思ってます。

駒沢店

そういう商品を作る「ファクトリー」みたいなお店がほしいなと思って2014年にオープンしたのが駒沢店。ここではファクトリーと、好きなものだけを出すアメリカンスタイルのダイナーをやっています。原宿店は、BROOKLYN RIBBON FRIESを知ってもらうサテライトという位置づけでもあります。

-原宿店開店にあたっての思いは。

原宿はとにかく若い人が多い街です。こういう街で、ポテトとジンジャーだけの面白い店がチャレンジしているっていうのを若い人にも見せたいですね。それで、自分も何かにチャレンジしようって思ってくれたらいいな、なんてことも思っています。

-ありがとうございました!

----

おしゃれで美味しいBROOKLYN RIBBON FRIES。行列間違いなし!ですが、並ぶ価値ありです。原宿・表参道散策と合わせて立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

■店舗詳細
名称:BROOKLYN RIBBON FRIES 原宿店
住所:渋谷区神宮前3-23-2 (明治通り沿い竹下口交差点 徒歩30秒)
オープン日:2016年7月1日(金)
営業時間:11:00~19:00
公式サイトURL:http://brooklynribbonfries.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ