仕事終わりに新橋へ!青森八戸の地酒を満喫できる地酒イベント「青森の食と八戸の地酒祭り」開催

  • 660 |
  • 最終更新:

東京・新橋は八戸をはじめ青森県出身者が営業する飲食店が多い、全国有数のサラリーマンの町です。その新橋の飲食店20店舗で、青森県八戸の地酒を満喫できる地酒イベント「第1回 八戸の日本酒フェアin東京新橋編 ~青森の食と八戸の地酒祭り~」が開催されます。日程は2016年7月1日(金)から7月31日(日)までの1ヶ月間です。

第1回 八戸の日本酒フェアin東京新橋編 ~青森の食と八戸の地酒祭り~とは?

青森県出身者が営業する新橋かいわいの飲食店20店舗で、初めて開催する地酒イベントです。イベント期間中、参加店でスタンプラリーが行われます。5店舗まわるごとに八戸の美味しい地酒1杯が無料でふるまわれ、抽選で八戸の地酒や特産品など豪華景品を抽選でプレゼントされます。7月14日(木)は、陸奥八仙、八鶴、如空、菊駒、桃川の蔵元5社が各飲食店を巡回し来店のお客さんを対象にクジ引きを実施。当たりなら地酒や特産物をプレゼントしてもらえます。

地酒イベントを開催するにあたり

主催者側は、新橋で働く人達に八戸の地酒や食を楽しみながら青森の素晴らしさを知ってもらい、お祭りやイベントなど青森・八戸に足を運んでもらうきっかけになれば…と話しています。

参加する店舗は?

北の台所おんじき 新ばし家/八戸料理 いちいの木/新橋シャモロック酒場 第一鶏舎/喜楽/
四季のバル/青森のお台所わのみせ 新橋店/新橋四丁目酒場 わっつり/居酒屋ねぶた 新橋店/
新橋シャモロック酒場 第二鶏舎/馬並み家/野崎酒店/新橋 庫裏/まごころ いし井/洋楽 いし井/
SAKE BAR蓮/其ノ二/串だおれ/正味亭 尾和/ボワ ヴェール/酒肴場 屯~TAMURO~新橋

地酒イベントURL:https://www.facebook.com/events/307620496236318/

スタンプラリーの参加方法は?

イベントマップやスタンプラリー台紙は各店舗に設置してあります。期間中に、参加店の5店舗以上のお店でスタンプをもらいましょう。5個集まるごとにカードを掲示すれば、八戸の地酒(90ml)が1杯無料で提供されます。さらに10個、20個と集めて応募すると、個数ごとの抽選で八戸の地酒や特産品が抽選で当たります。スタンプラリーは、参加条件を設けているお店もある為、あらかじめ各店舗で確認しましょう。

青森県八戸市の地酒・横丁について

青森県八戸市は多くの人達が足を運ぶ観光地で、地元の特産を活かした地域の取り組みが注目されています。市内にある8つの横丁は歩いてハシゴ出来るほど隣接しており、郷土料理と地酒を飲み歩きながら楽しむ横丁文化が盛んです。昭和時代のノスタルジックな雰囲気に港町で獲れた新鮮な魚介類、華やかな香りと旨み際立つ八戸の地酒は、地元の人はもちろん多くの観光客にも好まれています。

八戸市の横丁をピックアップしてご紹介

みろく横丁
新幹線「八戸駅」開業に伴いオープン。出張客や観光客にも人気の一見さんも大歓迎の横丁です。

たぬき小路
北海道1の大歓楽街「狸小路」を目指して「たぬき小路」と呼ばれ始めたと言われています。

五番街
映画「五番街の出来事」にちなんで店舗名が付いたと噂のディープな横丁です。

長横町れんさ街
横丁の王道と言っても過言ではない佇まいに、十軒十色の店舗がズラリと立ち並びます。

ロー丁れんさ街
江戸時代に牢屋があった為「ロー丁」と呼ばれています。フラリと一杯立ち寄りたくなるお店ばかりです。

横丁のグルメもご紹介

しおさい/みろく横丁
目の前で炭火焼きする八戸の魚介や、ウニめしが楽しめる人気店です。

サバの駅/花小路
日本で唯一のサバ料理専門店です。サバの串焼きが店主の魂の一品だと言います。秋に旬を迎える「八戸前沖さば」は、粗脂肪分が20%を超えており日本一脂がのったサバとして有名です。

おかげさん/長横町れんさ街
南部せんべいを使用した「せんべいピザ」が絶品のおかげさん。せんべいの上にすりおろしした長芋やイカの塩辛、岩海苔などを乗せて焼き上げた裏メニューです。

八戸市観光情報サイト「八戸観光ナビ」:https://hachinohe-kanko.com/10stories/yokocho

イベント詳細
名称:青森の食と八戸の地酒祭り
会場:新橋の参加店各所
開催期間:2016年7月1日(金)~7月31日(日)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ