六本木で「土木展」開催中!生活に必要不可欠な土木のデザインや魅力を再発見しよう

  • 1751 |
  • 最終更新:

東京ミッドタウン内の21_21 DESIGN SIGHTで、「土木展」が2016年6月24日(金)から9月25日(日)まで開催。快適な生活を支え、街全体をデザインする基礎となる土木を様々な角度からわかりやすく紹介します。身近過ぎて気づかない土木の魅力を再発見できますよ。また、土木とコラボした様々なアーティストやデザイナーの作品も登場します。土木ファンもアートファンも見逃せない充実の内容となっています。ぜひ足を運んでみてください。

展覧会会場写真 (Photo:木奥恵三)

生活を支える土木に焦点を当てた「土木展」開催!

日常生活を支え、街全体のデザインの基礎となる土木に焦点を当てた企画展「土木展」が、六本木にある21_21 DESIGN SIGHTで2016年6月24日(金)からスタート。道路や鉄道などの交通網から、携帯電話やインターネットなどの通信技術、上下水道、災害に対する備えなど、暮らしの中に必要不可欠な「土木」を改めて見つめ直すことをコンセプトとした内容になっています。

展覧会ディレクターは、全国の駅舎や橋梁の設計、景観やまちづくりなどのデザインを手がけ、土木と建築の分野に精通する建築家の西村浩氏。また、土木のエキスパートたちに加え、参加作家には、デザイナーやアーティストも参加しているのがポイントです。体験型の作品なども展示される、今までにない内容の展覧会となっています。

西村 浩

「土木展」の見どころをご紹介!

会場では、自然と向き合う日本の名土木がマップで紹介されているほか、プロジェクションやドローイングを通して暮らしにおける土木の背景を見つめ直すイントロダクションを設置。また、「土木オーケストラ」と題された展示空間では、高度経済成長期から現代にいたる土木の歴史が、工事現場の映像と音で表現されており、工事現場で使う道具や素材などと合わせて、土木がつくられていく現場がイメージできるようになっています。

「土木オーケストラ」 ドローイングアンドマニュアル(Photo:木奥恵三)

さらに、「ほる」「ためる」「つむ」「ささえる」など、土木に関連した行為を作品で紹介するコーナー「土木の行為」では、様々なジャンルのアーティストやエンジニア、リサーチャーによるインスタレーション作品を通じて、土木をより身近に感じられるようになっています。

「土木の行為 つなぐ:渋谷駅(2013)構内模型」 田村圭介+昭和女子大学環境デザイン学科 田村研究室(Photo:木奥恵三)

また、土木現場の作業員の写真や世界の土木の事例を紹介するコーナーも展示されています。

ワークショップやトークイベントなども充実!

開催期間中は、土木に焦点を当てた様々なワークショップやトークイベントが開催されます。注目は2016年7月2日(土)に行われるオープニングトーク「これからの土木、これからの都市」。本展ディレクターの西村浩氏、企画協力の内藤廣氏、土木写真家で参加作家の西山芳一氏が登場し、土木への熱い思いと土木の魅力を語ります。興味がある方は公式サイトをチェックしてくださいね。

夏休みに合わせて特別開館!親子ツアーも実施

通常火曜日は休館日となっていますが、2016年8月23日(火)は夏休みに合わせて特別に開館。「おやこで!どぼく」と題し、スタッフが鑑賞をサポートするほか、土木にもっと詳しくなれるワークシートや親子で楽しめるツアーが行われる予定になっています。

土木とアートが融合するユニークな企画展「土木展」。これまで意識しなかった土木の魅力をぜひ体感してみてください。

イベント詳細
イベント名:21_21 DESIGN SIGHT企画展「土木展」
会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
住所:東京都港区赤坂 9-7-6
開催期間:2016年6月24日(金)〜9月25日(日)
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで)
休館日:火曜日 ※8月23日(火)は開館(入場は17:30まで)
入場料:一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料
公式サイト:http://www.2121designsight.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ