日光江戸村に「匠の技」ミュージアムオープン! 生きた江戸文化にふれよう!

  • 427 |
  • 最終更新:

栃木県日光市の江戸時代を再現した歴史テーマパーク「EDO WONDERLAND 日光江戸村」が、30周年記念プロジェクトとして、新アトラクション「江戸生活文化伝承館 ~ Modern Edo-tech Museum」をグランドオープンしました。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのようなミュージアムに、歴史好きな方は興奮必至でしょう。

江戸生活文化伝承館とは?

技を究めた職人たちが多くいた江戸時代には、爪切りや花火など、今の時代に私達の生活の中で活躍しているものが数多く生まれました。江戸生活文化伝承館は、匠の技を回廊形式の斬新な仕掛けで楽しめるミュージアムです。世界に誇る技とデザインの美しさは、本物だけが持つオーラを放っています。高度な技術を日用品で表現したのは、戦争のない時代の平和の証と言えるでしょう。「Edo is the answer」をコンセプトに掲げ、「江戸時代の洗練された豊かな文化を現代の生き方のヒントにしよう」との想いが込められています。江戸生活文化伝承館は、大人にとっても新鮮な発見や驚きを体験できる施設です。

職人技の品々は?

日本最古の化粧品メーカーが造る「紅・紅猪口」や、海外からもオーダーが入る「藍染」、国賓への贈り物として定番人気の「江戸切子」、武器に使う火薬を平和のために使用した「花火」、終わらない技を追求した「箒(ほうき)」、ポップアートなデザインが光る「団扇」、300年の技が未来へ繋がる「刷毛(はけ)」、一生大切に使い続けたい「櫛(くし)」、日本刀の匠が生み出した日用品「爪切り」、職人の仕事が光る「刃物」など、見応え充分な品々が展示してあります。

EDO WONDERLAND 日光江戸村とは?

約50万平方メートルの敷地に、武家屋敷や水車小屋など細部にまでこだわり江戸時代を見事に再現した施設です。町人や忍者の衣装に着替えて江戸人になりきり、江戸の町を歩き回ってみませんか。EDO WONDERLANDでしか味わえない貴重な体験です。また、舞台では忍者のアトラクションや、笑いあふれる人情喜劇など様々な芝居を上映しています。室内以外では野外ライブも楽しめますよ。江戸の町の心地よい風に当たりながら芝居小屋のはしごをしてみませんか?さらに精神を統一して行う「弓道体験」や、武士の生活をリアルに教えてもらえる「侍体験」、七輪で1枚ずつ丁寧に焼く「せんべい焼き体験」といった体験メニューも充実しています。

他にも手裏剣道場や、屋形船などのお楽しみもいっぱいです。新たな匠の発掘など、さまざまなイベントも開催しています。ぜひご家族や友人と遊びに出掛けてみませんか。

イベント詳細
名称:江戸生活文化伝承館
住所:栃木県日光市柄倉470-2 日光江戸村
公式サイト:http://edowonderland.net/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ