東京ビッグサイトでハンドメイドジャパンフェス開催!日本最大級のクリエイターの祭典

  • 853 |
  • 最終更新:

東京ビッグサイトで「ハンドメイドインジャパンフェス 2016」が開催されます。日程は2016年7月23日(土)と24日(日)の2日間です。日本各地のクリエイターが大集合し、アートや雑貨、ファッション、インテリアなど、創意工夫に溢れたオリジナル作品が楽しめます。今年は新たに、手づくりにこだわったフードブースが並ぶ「フード&カフェエリア」も登場。この世に1つしかないハンドメイド作品の魅力に溢れた祭典に、足を運んでみてください。

「ハンドメイドインジャパンフェス」とは?

「ハンドメイドインジャパンフェス」は、日本最大級のクリエイターの祭典です。ものづくりに情熱を傾ける日本各地のクリエイターが集合し、作品を展示・販売します。2013年にスタートし、今年で4回目です。2015年開催時には合計来場者数53,000人を記録しました。多くのクリエイターやファンからの支持を集めています。

今年のテーマは「ものづくりってスゴイ!」。全国から約5,500人のクリエイターが集結!

第4回目となる今年のテーマは「ものづくりってスゴイ!」です。過去最多となる全国約5,500名、4,500ブースで実施します。さらに今年の会場は東ホール。前回の会場であった西ホールの約1.5倍の広さです。

各エリアを魅力をご紹介

会場内は、大きく3つのエリアに分かれています。目的に合わせて各エリアを行き来しましょう。

クリエイターエリア

全国5,500名のクリエイターによる作品が展示・販売されるマーケットや、日本各地の人気クリエイターによるワークショップ、クリエイターが目の前で絵を描きあげるライブペインティングなどが展開されます。さらに今年は、キッズ&ベビーを扱う出展ブースを27に拡大。お子様向けワークショップや託児所を完備するなど、親子連れで安心して楽しめるコンテンツが充実しています。

ミュージック&プレイエリア

このエリアではミュージシャンやパフォーマーによるライブステージが楽しめます。また、新鮮な無農薬・減野菜や果物を販売する「ファーマーズエリア」もこのエリアです。なお出演アーティスト・パフォーマーは、後日公式サイトにて発表されます。お見逃しのないようご注意ください。

フード&カフェエリア

お菓子やパン、ジャムにジュースなど、丁寧な手づくりにこだわったフードブースが並ぶエリアです。今年新たに設置されます。ゆったりとくつろげるカフェスペースがあるのもポイントです。

長野県岡谷市の名産・岡谷シルクとのコラボが決定!

ハンドメイドインジャパンフェスと長野県岡谷市の名産品「岡谷シルク」との初コラボが実現します。シルクを使う刺繍ワークショップや、クリエイターによる岡谷シルクの作品制作などが実施されます。岡谷市は江戸時代から続く生糸の名産地。シルク繊細な美しさを体感できるチャンスです。

注目ワークショップは、手編みのハンモック作り!

50種以上のワークショップが登場する今年の「ハンドメイドインジャパンフェス 」。その中でも特におすすめなのが、手編みのハンモック作りです。自分の好きな色を選んで自分だけのマイカラーハンモックを制作できます。また、幸せを呼ぶマグカップ「KUKSA」作りや、結婚指輪の職人によるオリジナルのシルバーリング作りなども注目です。そのほか、魅力的なワークショップが盛りだくさん。公式サイトをチェックして、お好みのワークショップに参加してみてください。

イベント詳細
名称:ハンドメイドインジャパンフェス 2016
会場:東京ビッグサイト 東1・2・3ホール
アクセス:国際展示場正門駅から徒歩約3分
住所:東京都江東区有明3-11-1
開催日:2016年7月23日(土)・24日(日)
時間:各日11:00~19:00
入場料:
【前売券】1,200円(1日券)/ 2,000円(両日券)
【当日券】1,500 円(1日券)/ 2,500円(両日券)
※小学生以下、無料
公式ウェブサイト:https://hmj-fes.jp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ