東京と愛知で「ゴッホとゴーギャン展」が今秋開催!2人の巨匠が時代を超えて再会

  • 1156 |
  • 最終更新:

画家・ゴッホとゴーギャンの関係性に焦点を当てた日本初の展覧会「ゴッホとゴーギャン展」が、今秋から来春にかけて開かれます。まずは東京展が上野の東京都美術館にて10月8日(土)から12月18日(日)まで開催。続いて愛知展が愛知県美術館にて、2017年1月3日(火)から3月20日(月)まで行われます。今回は展覧会の見どころをご紹介します。

自画像 フィンセント・ファン・ゴッホ
クレラー=ミュラー美術館©Kröller-Müller Museum, Otterlo

ゴッホとゴーギャン、巨匠2人の関係性に焦点を当てた大型展覧会が開催!

時代を超えて今もなお世界中の人々に愛され続けている画家、フィンセント・ファン・ゴッホとポール・ゴーギャン。2人の関係性に焦点を当てた展覧会「ゴッホとゴーギャン展」が、2016年10月8日(土)からスタートします。
日本では「ゴッホ展」と「ゴ ーギャン展」がそれぞれ何度か行われましたが、2人の交流をじっくりと掘り下げた展覧会は、日本はもちろんアジアでも初の試みです。

展示の見どころを紹介!

本展では、作品を所蔵する美術館からの借用が特に難しいと言われているゴッホとゴーギャンの貴重な作品に加え、彼らに影響を与えたモネやミレーらの作品約10点を含む約60点が展示されます。

展示のテーマは「リアリティー」と「イマジネーション」です。南仏アルルで2ヶ月間を共に過ごしたゴッホとゴーギャン。その共同生活の前後も含め丁寧に紹介されます。
ゴッホとゴーギャンが画家を志した当初の代表作品から、二人が共同生活中に描いた絵画、共同生活破綻後の作品へと、順を追って展示されているのが特徴です。さらにゴッホ死去の翌年、タヒチへ渡ってからゴーギャンが描いた作品も登場。互いに与えあった影響を浮かび上がらせます。
また、二人が交わした書簡にも注目し、共通点と相違点や、互いの作品への評価、影響関係を探っていきます。 

注目作品をピックアップ!

"収穫"をテーマにした2つの作品に注目!

収穫フィンセント・ファン・ゴッホファン・ゴッホ美術館
(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)©Van Gogh Museum, Amsterdam
 (Vincent van Gogh Foundation)
ブドウの収穫、人間の悲惨ポール・ゴーギャンオードロップゴー美術館©Ordrupgaard, Copenhagen
Photo: Anders Sune Berg

ゴッホとゴーギャンが“収穫”という同じ主題を描き、お互いに最高傑作と認め合った2つの絵画が登場します。ゴーギャンの“収穫”は、日本初公開の「ブドウの収穫、人間の悲惨」です。2人の絵画を見比べてみましょう。

お互いのことを想いながら描いた象徴的肖像画が展示!

アルルでの共同生活が破綻する直前に描いたゴッホの「ゴーギャンの椅子」は、ゴッホがゴーギャンの使っていた椅子を描いた象徴的肖像画です。ゴーギャンが使っていた椅子を描くことによって、そこに座るべきゴーギャンの存在が表現されています。ゴッホがゴーギャンを唯一描いた貴重な作品です。

肘掛け椅子のひまわりポール・ゴーギャン
E.G. ビュールレ・コレクション財団©Foundation E. G. Bührle Collection, Zurich

また、ゴーギャンの「肘掛け椅子のひまわり」も展示されます。ゴッホの死から11年後に、ゴッホが好んだひまわりを描いた作品です。2人がお互いを想いながら描いた作品を、間近で鑑賞してみてください。

共同生活が終了した後、生涯一度も顔を合わせることがなかった2人。時を超えて実現した巨匠2人の初共演を、間近で鑑賞できる貴重な機会です。

「ゴッホとゴーギャン展」詳細
【東京展】
会場:東京都美術館 企画棟 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園8-36
開催期間:2016年10月8日(土)~12月18日(日)
休室日:月曜日、10月11日(火) ※ただし、10月10日(月・祝)は開室
開室時間:
9:30~17:30
※金曜日、11月2日(水)、3日(木・祝)、5日(土)は9:30~20:00
※入室は閉室の30分前まで
入館料:
一般1,600(1,300)円、大学生・専門学校生1,300(1,100)円、
高校生800(600)円65歳以上 1,000(800)円、中学生以下無料
※かっこ内は前売り券、団体での料金(団体は20名以上)

【愛知展】
会場:愛知県美術館
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
開催日程:2017年1月3日(火)~3月20日(月・祝)
休館日:月曜日、1月10日(火) ※1月9日(月・祝)、3月20日(月・祝)は開館。
開室時間:10:00~18:00 ※金曜日は10:00~20:00 ※入館は閉館の30分前まで
入館料:
一般1,500(1,300)円、高・大学生1,200(1,000)円、中学生以下無料
※かっこ内は前売り券、団体での料金(団体は20名以上)
前売りペアチケット2,400円
※一般のみ。2016年8月11日(木・祝)~9月30日(金)までの期間限定発売
特設サイト:http://www.g-g2016.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ