700本を超える力作がエントリー!埼玉川口で「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」開催

  • 593 |
  • 最終更新:

2016年7月16日(土)から24日(日)までの9日間、世界各国の映画が集結する「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016」が、埼玉県川口市で開催されます。デジタルシネマを世界に先駆けてフォーカスし、次代を担う若手映像クリエイターの発掘に取り組む映画祭です。ここでは上映内容も含めて詳しくご紹介します。

デジタルシネマにフォーカスした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」とは?

次代を担う若者のクリエイターを発掘し、新たな映像産業の発展に寄与する為に2004年に誕生しました。Dシネマとは、デジタルシネマのことです。デジタルツールの普及により映像クリエイターは、年齢や国境、経験の制限もなく新たな広がりを見せています。若手映像クリエイターの登竜門といっても過言ではないでしょう。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、デジタルで撮影し制作した作品にフォーカス。エンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を世界中から公募しています。映画祭で上映するのは一次審査を経てノミネートしている作品です。上映し更に審査を経て、最終日に各賞を発表・授与します。映画祭が主体で製作したオープニング上映作品や、ジャパン・プレミアを含む話題作の上映など、映画の魅力がたっぷり堪能できるプログラムです。

映画祭から羽ばたいていった才能は?

海外では?

過去に映画祭で上映した作品や監督の多くが、のちに国内外で目覚ましい活躍ぶりを見せています。例えば海外作品では、2007年に「うつろいの季節(とき)」で、長編部門の最優秀作品賞を受賞したヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督です。翌年の2008年には「スリー・モンキーズ」でカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞し、2011年には「昔々、アナトリアで」で同グランプリを、2014年には「雪の轍」で同パルムドールと、3作連続で受賞を果たしました。
また、2011年の映画祭では長編部門で審査員特別賞を受賞したアンドレアス・エーマン監督の作品「シンプル・シモン」は、上映をきっかけに日本での劇場公開を実現したのです。

国内では?

国内作品では、2009年に「ロストパラダイス・イン・トーキョー」で長編部門のSKIPシティアワードを受賞した白石和彌監督に注目です。2016年6月25日(土)に公開予定の最新作「日本で一番の悪い奴ら」には、綾野剛や、中村獅童、ピエール瀧、青木崇高などの名優たちが出演しています。
2012年に長編部門で監督賞・SKIPシティアワード受賞の「チチを撮りに」を手掛けた中野量太監督は、宮沢りえ、松坂桃李、オダギリジョーが出演する「湯を沸かすほどの熱い愛」を2016年10月に公開予定です。今後の活躍が期待できる新鋭が、映画祭を契機にチャンスを掴んでいるのが理解できますよね。

映画祭で上映する作品は?

長編部門12本、短編部門12本、アニメーション部門12本を上映する、「コンペティション上映」では、ココでしか鑑賞できない選りすぐりの作品が集結しています。日本語字幕、音声ガイド付きのバリアフリー上映では「海街diary」を上映。ベビーカー持ち込みOKの「ママ・シアター」は、赤ちゃん連れ限定のイベントです。
他にも「映画祭アニメーションCMメイキングセミナー」など、大人から子どもまで楽しめるイベントが行われます。

長編コンペティション部門(70分以上)

過去最多の世界88の国と地域から、700本を超える力作がエントリーしています。厳正な審査の結果、幅広いジャンルの12作品を選出。次代を担う映像クリエイターによる作品が楽しめます。

短編コンペティション部門(15~30分)

毎年人気の短編部門に今年は140本を超える応募があったと言います。その中から意欲的な作品12本を選出。個性溢れる作品を楽しみながら、それぞれの目線で新たな才能を見出してみませんか。短編部門は、サテライト会場(彩の国さいたま芸術劇場、こうのすシネマ)でも上映します。

アニメーションコンペティション部門(30分以下)

ストーリー性豊かな作品から五感に訴えかける作品までバラエティに富んだ12作品がノミネートしています。手描きや、ストップ・モーション、CGなど様々な技法を用いた表現を楽しみましょう。

今年の見どころは?

オープニング上映

オープニング上映は、映画祭が若手監督を抜擢し映画を製作しています。今年上映するのは、熊谷まどか監督が初めて長編に挑んだ「話す犬を、放す」です。

世界88の国と地域から集結した選りすぐりの作品を上映

コンペティション部門は過去最多、世界88の国と地域から集結した選りすぐりの作品を上映します。長編部門にエントリーしているのは、在米日本人監督・福永壮志氏が手掛けたLA映画祭受賞作「アウト・オブ・マイ・ハンド」や、初参加国のバヌアツから届いた実話を元にした悲恋「タンナ」などです。また13回目の開催にして初めてインド映画、キルギス映画がエントリーしています。インド発の作品は惜しみない母の愛を題材にした「ニュー・クラスメイト」、キルギスからは「カインとアベル」の現代版とも言える兄弟の悲劇「アンダー・ヘヴン」なをジャパン・プレミアで上映します。

新企画「特別招待作品」

本年のベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作「長江図」や、中独合作映画「IPHONEYOU」を特別招待作品として上映します。急成長を遂げる中国映画市場で異彩を放つ、インディペンデント映画の最前線を紹介。タン・ダン監督やプロデューサー、ワン・ユー氏によるQ&Aも行われます。

SKIPシティの夏祭り

会期中、地元企業や団体などの協力のもと家族で楽しめるイベントを多数開催。地域一帯で映画祭を盛り上げます。ここでピックアップしてご紹介します。

野外で映画を楽しもう

星空の下で、アンパンマンやトムとジェリーなど、子ども達に人気のアニメが上映されます。家族で一緒に夕涼みしながら楽しみましょう。

第1夜:やなせたかしシアター「ハルのふえ/アンパンマンが生まれた日」

2016年7月17日(日) 19:30~ 上映時間:50分/10分
ハルのふえは、タヌキの母親と人間の子どもとの親子の絆を綴った作品です。アンパンマンが生まれた日は、アンパンマンの誕生秘話をミュージカル仕立てで描いた作品で幅広い層に人気があります。

第2夜:トムとジェリーシャーロック・ホームズ

2016年7月18日(月・祝) 19:30~ 上映時間:49分
こつ然と消えたダイヤモンド。事件を解決できるのは、かの有名なシャーロック・ホームズと助手のワトソンしかいません。さらに忘れてはいけないのは我らがトムとジェリーです。真相解明の為、ロンドンの街中を縦横無尽に駆け巡ります。

第3夜:「忍たま乱太郎」&「おじゃる丸」&「わしも」ほか

2016年7月23日(土) 19:15~ 上映時間:計40分
小さなお子さんも大好きなNHK-Eテレで放映中の人気アニメ、おしりかじり虫×2本、忍たま乱太郎、おじゃる丸、わしもの5本を上映。上映時間は、おしりかじり虫が5分×2、忍たま乱太郎が10分、おじゃる丸が10分、わしもが10分です。

いずれも開催場所はプロムナードで、雨天時は中止です。

問合せ:048-263-0818(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局)

ふれあいイベント

「ジバニャン・コマさんバラエティーショー」を18日に開催します。登場するのは、妖怪ウォッチのジバニャンとコマさんです。ショーの他にもピエロや、パントマイムらパフォーマーが次々と大道芸を披露。また、地元小学校のマーチングバンドや市民軽音楽バンドも登場し祭りムードを一層盛り上げます。

開催日:2016年7月17日(日)、18日(月・祝)
開催時間:10:30~17:30
開催場所:プロムナード
主催:NPO法人さいたま映像ボランティアの会
問合せ:048-259-3421

フラダンスの夕べ

プロムナードでハワイアン・フラダンスを見て南国ムードに浸りませんか。本場ハワイやスパリゾートハワイアンズで踊ったメンバーが、優雅な踊りを披露します。

開催日:2016年7月17日(日)
開催時間:17:30~17:45
開催場所:プロムナード
協力:鳩ヶ谷フラダンス連盟プアククイ
問合せ:048-263-0818(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局)

SKIPシティの夜店

野外上映までのひとときを、夜店を見ながら過ごしませんか。綿菓子・かき氷・ヨーヨー・生ビールなどの夜店が登場します。

開催日2016年7月18日(月・祝)
開催時間:16:00~19:30
開催場所:プロムナード
協力:上青木地区青少年育成協議会
問合せ:048-264-7777(株式会社デジタルSKIPステーション)

映画制作ワークショップ

初心者向けの映画制作ワークショップが開催されます。指導するのは、脚本や映画批評の執筆も手掛ける万田邦敏監督です。1日でシナリオ作りから上映までを実習します。

開催日:2016年7月20日(水)
開催時間:10:00~18:00
開催場所:産業技術総合センター3F
講師:万田邦敏(映画監督、代表作「接吻」ほか)
対象:18歳以上
定員:21名 ※先着順受付
料金:1,000円
申込:映画美学校HP(http://www.eigabigakkou.com/)より登録しましょう
問合せ:03-5459-1850(NPO法人映画美学校)

野菜ソムリエと一緒に、親子で食育体験

野菜クイズなど親子で楽しみながら食育体験しましょう。野菜の魅力や大切さが学べます。

開催日:2016年7月23日(土)
開催時間:10:00~15:00
開催場所:センターサークル2F
協力:野菜ソムリエコミュニティさいたま
問合せ:048-264-7777(株式会社デジタルSKIPステーション)

ブルドックソース料理体験&試食コーナー

ブルドックソースソースを使用した逸品を試食できます。

開催日:2016年7月23日(土)
開催時間:11:00~14:00
開催場所:センターサークル2F
主催:ブルドックソース株式会社
問合せ:048-281-3311

キッズスペシャル上映会&「わたしの尾瀬」写真展

NHKキッズスペシャル上映会

NHKアーカイブスが保管する番組と人気アニメのスペシャル上映会です。7月23日(土)には、ガチャガチャ・キャンペーンも開催。

開催日:2016年7月17日(日)、18日(月・祝)、23日(土)、24日(日)
開催場所:NHKアーカイブス2F

第20回NHK「わたしの尾瀬」巡回写真展

フォトコンテストで入賞した作品を大型写真パネルで展示します。

開催日:2016年7月12日(火)~24日(日)
開催場所:NHKアーカイブス2F
問合せ:048-268-8000(公開ライブラリー)

会期中は、JR京浜東北線「川口駅」東口から運行している無料直行バスの利用がオススメです。

イベント詳細
名称:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016
会場:
SKIPシティ映像ホール/多目的ホール(埼玉県川口市)
彩の国さいたま芸術劇場(埼玉県さいたま市)
こうのすシネマ(埼玉県鴻巣市)
開催期間:2016年7月16日(土)~24日(日)
料金:コンペ作品1回券/当日800円(前売券600円) 他
電話番号:048-263-0818(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局)
公式サイト:http://www.skipcity-dcf.jp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ