「海のハンター展」開催!国立科学博物館にホホジロザメあらわる!

  • 2761 |
  • 最終更新:

2016年7月8日(金)から10月2日(日)まで、東京・上野の国立科学博物館にて特別展「海のハンター展 -恵み豊かな地球の未来-」が開催されます。目玉はホホジロザメの成魚の全身液浸標本。全長3.2メートルの巨大標本で、最も有名な海のハンターをじっくりと鑑賞できます。


ポスター画像 (掲載標本所蔵:北九州市立自然史・歴史博物館、国立科学博物館、三重県総合博物館、ミュージアムパーク茨城県自然博物館)

「海のハンター展 -恵み豊かな地球の未来-」のみどころ

ホホジロサメの迫力に仰天!

ホホジロザメ (所蔵:国立科学博物館)

ホホジロザメ成魚の全身液浸標本は、ぜひじっくりと見学したいもの。 全長3.2メートルの 巨大標本で、 内臓や筋肉などがしっかりと保存できています。生きているときそのままのような標本は世界にも例がなく、研究資料としても大変な価値があります。決して間近で見ることのないだろうハンターの王者に会いに行きましょう。

もうひとつの目玉。日本にも生息していた、世界最大のサメ

アオザメ (所蔵:ミュージアムパーク茨城県自然博物館)
所蔵 ミュージアムパーク茨城県自然博物館

国立科学博物館は海のハンター展のために、1,000年前に地球に生息していたとされる大型のサメ「カルカロドン・メガロドン」の復元模型を作成、展示します。全長12.5mのサメの模型は世界最大級。さらに古生代の魚類や首長竜、翼竜の標本も展示されます。太古の昔に繰り広げられた生存バトルを想像すれば、胸がときめくこと請け合いです。

海のハンターの迫力を間近で感じられる展示

特別展「海のハンター展」では、大海原で暮らすハンター達が勢ぞろいします。エリアは「深海」、「極域」、「外洋」、「浅海」の4つ。全身骨格も展示され、シャチやイッカク、ミナミゾウアザラシ、バショウカジキなどの迫力を目の当たりにできます。

シロワニ (所蔵:北九州市立自然史・歴史博物館)

また古生代から新生代までの魚竜や首長竜などの骨格標本を展示。3億年前のハンターの雄姿を想像してみましょう。「サメラボ」には海のハンターの代表的存在、サメの標本を展示。シロシュモクザメやアオザメなど、深海から浅海までさまざまな海域に生息するサメを一気に見られるチャンスです。

するどい歯やアゴに注目!

ラブカ (所蔵:ミュージアムパーク茨城県自然博物館)

弱肉強食の激しい生存競争を勝ち抜くためには優れた捕食能力が必要です。海のハンター展では、アゴや歯の進化にスポットを当てた展示も実施。海のハンターたちがアゴや尻尾で獲物を捕らえるハンティングや、食べられないためのテクニックなどをさまざまな角度から紹介されます。夏休みは家族みんなで上野国立科学博物館に足を運び、懸命に生き抜く海洋生物の命の輝きを感じてみてはいかがでしょうか。

■イベント詳細
名称 :海のハンター展 -恵み豊かな地球の未来-
開催場所:国立科学博物館
住所:東京都台東区上野公園7-20
アクセス:JR上野駅公園口から徒歩約5分
会期 :2016年7月8日(金)~10月2日(日)
開館時間 :9:00~17:00(金曜日は20:00まで)
夏休み特別開館延長:8月11日(木)~17日(水)は18:00まで(8月12日(金)は20:00まで)
※入館は各閉館時刻の30分前まで
休館日:7月11日(月)・19日(火)、9月5日(月)・12日(月)・20日(火)
料金:一般・大学生1,600円(1,400円)、小・中・高校生600円(500円)、未就学児無料
※( )内は前売および各20名以上の団体料金
※本券で本展を観覧された方は、同日に限り常設展も入場できます
※前売券は5月2日~7月7日に販売。当日券・団体券は7月8日~10月2日に販売
※障害者手帳を持参の方と、その介護者1名は無料
【金曜限定 ペア得ナイト券】2,000円
※会場での当日販売のみ
※男女問わず、2名同時入場
※17:00~20:00(最終入場は19:30)
公式サイトURL:http://umi.exhn.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ