自由が丘スイーツフォレストで実食!「涼感ひんやり!クール・スイーツ2016」

  • 1723 |
  • 最終更新:

スイーツのテーマパーク「自由が丘スイーツフォレスト」では、「涼感ひんやり!クール・スイーツ2016」が開催されています。暑い夏を快適に過ごせるスイーツが大好評のこちらのイベントは、今年で6回目。スーパー・パティシエたちが創作した夏限定スイーツで盛り上がる自由が丘スイーツフォレストを、asoview!NEWS編集部員が取材してきました。

自由が丘スイーツフォレストって?

スイーツのテーマパーク「自由が丘スイーツフォレスト」。ここでは「ハピネス・オブ・スイーツ」をテーマに、一流のお菓子職人"スーパー・パティシエ"たちが、腕によりをかけて提供する"作りたて&出来立て"の極上スイーツをその場で食べ比べることができます。

2016年6月3日から8月31日まで、「涼感ひんやり!クール・スイーツ2016」を開催中。おすすめスイーツ3選をレポートいたします!

「桃づくしの贅沢クレープ 白ワインジュレで大人仕立てに」


クレープ生地で、桃のソルベ、ヨーグルト風味の生クリーム、カスタードクリームを包み込んだクレープ。たっぷりと飾られたフレッシュな桃が贅沢な一品。1日限定15食です。

15食限定…とのことなので、まずはこちらを注文。
ふわっと丸めたクレープにキラキラしたジュレ、まわりを飾るミントの葉が見た目もすずしげなデザート。もちもちのクレープ生地に、中の桃ソルベとふわっふわのクリームが絡んで、とろける食感でした。外のジュレは、白ワインが香る大人のお味。桃の果肉とあわせて食べると、また違ったお味が楽しめます。桃と白ワインって、とっても合いますね。
夏らしいのに、しっかり贅沢なデザートでした。

このデザートは、こちら。「メルシークレープ」で食べられます。もちもち食感の贅沢クレープをぜひ。

夏のデザートの他にも、おすすめクレープがたくさんありました!う~ん、どれも美味しそう。

「涼感ライチゼリー」

コロコロした丸いものは、赤はトマトゼリー、黄色はオレンジゼリー、ピンクはスイカ、白は杏仁豆腐なんです。下のゼリーは、ライチゼリーとミントゼリーの2層仕立て。体を冷やしてくれる果実、パイナップルとキウイがジューシーで美味でした。暑い夏に、フルーツの酸味っていいですね。
一つ一つの味と触感の違いを楽しめる。それでいて、合わせて食べるとさらに美味しい。涼やかな見た目と、さっぱりしたお味で、夏にぴったりのスイーツです。

「HONG KONG SEWWTS 果香」で食べることができます。

オリエンタルで可愛らしいスイーツが並んでいます。

タピオカやコンフィチュールソーダもおすすめ。夏の限定コンフィチュールは、この日は「ぶどう」でした。甘く煮詰めたブドウと、さっぱりソーダの相性は抜群!太いストローで、コンフィチュールごとゴクゴクいただきます。

「5種のベリージュレ」

キラキラゼリーに5種のベリーが、ダントツに可愛い1品。もう、見た目だけで幸せですが、もちろんお味もお墨付きのおいしさ。さっぱりゼリーに、ベリーの酸味と甘みがジューシーなおいしさ。上にのったミントの葉が、よい香りを添えてくれます。

とにかく見た目が可愛い。そして美味しい。

こちらの、「ベリーベリー」で食べられます。

他にも、可愛いスイーツがたくさん。目にも嬉しいスイーツですね。

まるでお菓子の家のような、ポップでカラフルな見た目。

なかは広々なので、ゆっくりとスイーツを楽しめそう。

涼感スイーツで、暑い夏も快適に過ごせそうですね。
今回紹介した商品の他にも、ジュレやアイスクレープなど、美味しいメニューがたくさん。この機会に、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

アクセス情報

東急大井町線「自由が丘」駅が最寄りになります。

「自由が丘 南口」駅をでたら左に曲がり、まっすぐ進みます。

道路につきあたったら、右にまがります。そして、次の角(スタバの手前)を左にまがります。

道なりにすすむと、左前に看板がでてきます。

「自由が丘スイーツフォレスト」入り口は、この先と書いてあります。

少しすすむと、左手に真っ赤な階段を発見。到着です。階段を上がると、目の前が入口になります。

■スポット詳細
名称:自由が丘スイーツフォレスト
住所:東京都目黒区緑が丘2-25-7 「ラ・クール自由が丘」1~3階
アクセス: 東急東横線、大井町線「自由が丘」駅南口から徒歩約5分
営業時間:12:00~19:00
定休日:年中無休
公式サイト:http://www.sweets-forest.com/access.php

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ