六本木・森美術館が宇宙空間に!「宇宙と芸術展」7月30日から開催!

  • 7725 |
  • 最終更新:

東京・六本木にある「森美術館」で、2016年7月30日(土)から2017年1月9日(月・祝)にかけて、企画展「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」が開催します。隕石や化石といった歴史的な天文学資料から、チームラボなど現代アーティストによるインスタレーション、さらには宇宙開発の最前線に至るまで、ジャンルに富んだ出展物・約200点を公開し、宇宙と人間の関係に迫ります。

ヴォルフガング・ティルマンス|《金星の日面通過》|2012年|
紙にインクジェットプリント|約44×33 cm|所蔵:ワコウ・ワークス・オブ・アート

六本木が「宇宙の入り口」に!「宇宙と芸術展」が開催

2016年7月30日(土)から、六本木ヒルズ森タワーにある「森美術館」で「宇宙と芸術展」がスタート。古来から人間にとって永遠の関心事であり、また信仰と研究の対象となってきました。そこで今回、多くの物語を生み出してきた宇宙に焦点を当て、「人は宇宙をどう見てきたか?」、「宇宙という時空間」、「新しい生命観―宇宙人はいるのか?」、「宇宙旅行と人間の未来」の4つのセクションで構成し、未来に向けた新しい宇宙観や人間観を提示します。

各セクションの見どころを紹介!

第1セクション「人は宇宙をどう見てきたか?」

岡吉国宗|《流星刀》|1898年|隕鉄|刃長68.6 cm 反り1.5 cm|所蔵:東京農業大学図書館|撮影:木奥恵三

日本初公開となるレオナルド・ダ・ヴィンチの天文学に関する手稿をはじめ、ガリレオ・ガリレイやプトレマイオスの古書、大きな絹に描かれた室町時代の曼荼羅図、さらに日本最古のSF小説・「竹取物語」の絵巻といった貴重な資料を通じて、「人は宇宙をどう見てきたか?」を紹介します。
明治時代に富山県に流れ落ちた隕石から作られた日本刀・「流星刀」も必見です。

第2セクション「宇宙という時空間」

ビョーン・ダーレム|《ブラックホール(M-領域)》|2008年|木、スケール、蛍光灯、電球、着色剤|
450×500×900cm|撮影:ブレイズ・アディロン|Courtesy:サーチ・コレクション、ロンドン |

ヴィヤ・セルミンスやビョーン・ダーレム、ヴォルフガング・ティルマンスなど、現代美術のスターたちがブラックホールや宇宙空間から着想した美術作品を鑑賞できます。

第3セクション「新しい生命観ー宇宙人はいるのか?」

空山 基|《セクシーロボット》|2016年|FRP、鉄、金・銀メッキ調塗料、LEDネオンライト|
182×60×60 cm|Courtesy: NANZUKA|撮影:Tanaka Shigeru

このセクションでは、隕石・化石などの人間史を超えた地球史を起点として、江戸時代のUFO伝説ともいわれる「うつろ舟の蛮女」、荒俣宏SF雑誌コレクション、ダーウィンの「種の起源」と人類の生命観について紹介。
さらに、ローラン・グラッソや空山基、杉本博司らの作品、宇宙人像や遺伝子工学、A.I.技術などにも迫ります。

セクション4「宇宙旅行と人間の未来」

スペース・エクスプロレーション・アーキテクチャ・アンド・クラウズ・アーキテクチャ・オフィス|《マーズ・アイス・ハウス》|2015年|
3Dプリント模型、台座に内照ライト、映像|45×44×48.3 cm|作家蔵|画像提供:Clouds AO/SEArch

最後を締めくくるセクション4では、これからの人間と宇宙の関係や、人間の生き方はどう変わっていくのかという問題について、アーティストたちのビジョンを紹介し、未来を描きます。また、宇宙開発の歴史や宇宙開発の最前線を展示します。

チームラボの新作が登場!壮大な宇宙を体感できる!

チームラボ|《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく – Light in Space》|2016年|
インタラクティブ・デジタル・インスタレーション|4分20秒|サウンド:高橋英明

今回、目玉の1つとして注目されるのが、国内外の現代アーティストによる体感型インスタレーション作品です。

ウルトラテクノロジスト集団・チームラボが、この展覧会のために「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく-Light in Space」という作品を制作しました。宇宙を自由に飛びかう光のカラスたちによってほとばしる太陽エネルギーを具現化したもので、観客は光の中へ実際に入ることができ、宇宙遊泳を体感できます。

また、セミコンダクターの「ブリリアント・ノイズ」は、3つの巨大スクリーンに映し出される太陽の巨大なエネルギー波に合わせ、太陽光の強度を表現し音が変動するという迫力の作品です。最先端の現代アートを通じて宇宙を身近に感じることができますよ。

なお、期間中には様々なトークイベントやワークショップも開催予定となっています。興味がある方は公式サイトでチェックしてみてください。

この夏、六本木に出現する「宇宙の入り口」に降り立ってみてはいかがですか?

イベント詳細
名称:宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
開催日程:2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)
開催時間:10:00~22:00 ※火10:00~17:00
定休日:会期中無休
料金:料金:一般1,600円、学生(高校・大学生)1,100円、子供(4歳~中学生)600円
展覧会詳細URL:http://mori.art.museum/contents/universe_art/index.html
森美術館公式サイト:www.mori.art.museum

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ