日本科学未来館に忍者あらわる!企画展「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」開催

  • 1849 |
  • 最終更新:

東京・お台場の日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンにて企画展「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」が開催されます。日程は2016年7月2日(土)から10月10日(月・祝)までです。日本のみならず海外からも高い人気を誇る忍者ですが、意外とその実態を詳しく知る人は少ないのでは?こちらの企画展では、忍者を現代科学の力で解明して忍者の力と知恵を学べます。

忍者を徹底解明!科学と忍びの出会い

アニメやゲームなどを通じて、今や海外の人々にも人気の忍者。ただしそれはあくまでフィクションであり、実在した忍者の実態は謎に包まれているのが現状です。現実の忍者のことはあまり知られていないのではないでしょうか。
日本科学未来館は、三重大学に学術研究の協力を得て忍者の「忍術」や身体能力、知恵などの解明に挑みました。最新の史料を研究するほか科学的な視点からも忍者にアプローチし、忍者の秘密を企画展「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」で明らかにします。

企画展「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」の展示や体験

「忍者研究室」

今までマンガやアニメ、小説などさまざまなメディアで描かれた忍者の姿が紹介されています。江戸時代の忍術書「万川集海(まんせんしゅうかい)」や忍者年表で、忍者の実態にせまれるかもしれません。夏休みの自由研究にピッタリですね。

体をきたえよ

「忍び足」や「なんば歩き」など忍者の身のこなしやジャンプ力、五感をとぎすます修行、3メートル先の的に手裏剣打ちなどの修行体験ができます。スポーツ科学や脳科学の観点から、「心・技・体」のうち「体」を鍛える修行です。

技をきわめよ

忍者は敵地に潜伏して情報を持ち帰るスパイの役割も果たしました。そのための変装術や隠形術、情報を記憶する技の紹介、身を隠したり情報を伝達したりなどの修行体験ができます。

心をみがけ

忍者は術を使う際に手を組合わせて真言を唱えます。この動作は「印を結ぶ」といい、脳波実験により精神安定の効果があることが明らかになりました。会場では特別映像に合わせて印を結び、心をしずめる技を教わります。働く大人も身につけたい技です。

今回の企画展に参加すると、全員に日本忍者協議会公認「忍者認定証」が与えられます。忍者になれるまたとないチャンスです。親子や友人同士で忍者の修行に挑戦してみませんか。

■イベント詳細

名称:企画展「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」
会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン
住所:日本東京都江東区青海2-3-6
アクセス :
新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」下車、徒歩約5分
「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分
東京臨海高速鉄道りんかい線 「東京テレポート駅」下車、徒歩約15分
開催日時:2016年07月02日~2016年10月10日 10:00~17:00(最終入場は閉館時間の30分前まで)
休館日:7/5(火)、7/12(火)、9/6(火)、9/13(火)、9/20(火)、9/27(火)、10/4(火)
料金:
【入場料】 大人(19歳以上)1600円/中人(小学生~18歳以下)1000円、中人(土曜日)900円/小人(3歳~小学生未満)500円
【前売券(税込)】大人(19歳以上)1400円/中人(小学生~18歳以下)900円、中人(土曜日)800円/小人(3歳~小学生未満)450円
※常設展も観賞できます ※2歳以下は無料
※6月4日(土)よりチケットぴあ、フジテレビダイレクトほか各プレイガイドにて販売されます。前売券は7/1(金)までの販売です。
公式ホームページ:http://ninjaten.com

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ