「スター・ウォーズ展 未来へつづく、想像のビジョン。」開催!多彩な展示はファン必見!

  • 842 |
  • 最終更新:

大阪府大阪市にある「あべのハルカス美術館」で、「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」が開催されます。会期は2016年7月16日(土)から8月30日(火)までです。ジョージ・ルーカス監督考案の美術館「ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティヴ・アート」に所蔵されているコンセプトアートや映画の中で実際に使われた衣裳、小道具、ジョージ・ルーカス氏が世界中から選りすぐったアーティストの作品約150点が多彩な映像とともに展示されます。スター・ウォーズの世界を様々な角度からみつめてみませんか。

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。とは?

これまでにシリーズ7作品が公開され、熱狂的な支持を得ているスター・ウォーズ。1番目の作品「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」が公開されたのは1977年です。ファンの熱狂は社会現象となり、スター・ウォーズの存在は瞬く間に世界中を駆けめぐりました。今では映画作品の枠にとらわれず、ジャンルを超えて幅広い世代を魅了しています。
展覧会では、スター・ウォーズの生みの親であるジョージ・ルーカス氏が世界中から選りすぐったアーティストの作品とともに、スター・ウォーズの世界が紹介されます。スター・ウォーズはいかにして構想されたか、サーガを語るうえで欠かせない魅力的な登場人物たちやフォースを巡るジェダイの騎士とシス暗黒卿の戦い、共和国と帝国の壮絶な戦いに関する紹介など情報盛りだくさんです。また、世界初公開のアート作品や衣裳、小道具など約150点の資料も展示されます。

ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティヴ・アートの紹介

マニュエル・サンジュリアン「ジョージ・ルーカスの世界」 

ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティヴ・アートは、ジョージ・ルーカス氏が考案した美術館です。イラストレーションや視覚芸術の関連性や系統を理解するためのプレミア会場として設計されました。映画監督であり脚本家、プロデューサーも務めるジョージ・ルーカス氏の教育と、若者に刺激を与える上で重要な役割を果たしていると言えるでしょう。コレクションの範囲は絵画芸術やアニメーション、ファッション、映画のデザインにまでおよびます。文化が時代ごとの人気芸術に反映されているかを示すため、最新のデジタルアーティストからイラストレーションの黄金時代における巨匠の作品まで鑑賞できる今までにない機関です。

天野喜孝「ベイダー」

The Original Visions ~スター・ウォーズの原点~

メイシー「後悔」 

ジョージ・ルーカス氏はスター・ウォーズを構想するにあたり、さまざまな作品からインスピレーションを得たことで知られています。子供の頃から愛してやまないアメリカの漫画「フラッシュ・ゴードン」の宇宙冒険活劇や、神話学の伝統的なストーリーテリング、映画監督・黒澤明の「隠し砦の三悪人」の登場人物設定などから、全く新しい宇宙を創造しました。ススに汚れて地球に帰還したアポロ宇宙船を見て、新しい宇宙ではなくリアル感のある中古の宇宙を描いて欲しいとデザイナー陣にも依頼しています。会場にはスター・ウォーズの原点を象徴するアート作品が多数展示される予定です。

ダグラス・フライヤー「パドメ・アミダラ」

Vision of SAGA ~サーガと運命の肖像~

ハーレー・ブラウン「ヨーダ」 

スター・ウォーズの壮大なサーガ(叙事詩)を語る上で重要なのが、運命を背負った魅力あふれる登場人物です。アナキン(ダース・ベイダー)は銀河の森羅万象に宿るフォースに調和をもたらす非凡な存在と期待されながら、ジェダイとシスの狭間の中、愛する妻を救う為にダークサイドに身を委ねてしまいました。ルークやレイアなど、彼を取り巻く様々な登場人物の肖像画が、鑑賞者にスター・ウォーズ・サーガを雄弁に語りかけます。実際に撮影で使用されたキャストの衣裳や小道具、印象的な登場シーンの映像も必見です。

クリスティー・メレーヌ「毛玉」

Vision of FORCE ~フォースの光と闇~

アレックス・ロス「スタイルの帝国」

スター・ウォーズの根底に流れるフォースとは、あらゆる生命体から発するエネルギーです。銀河を一体に結び付けている神秘的な存在で、ライトサイド)とダークサイドの2つの側面を持ち合わせています。ライトサイドに無条件で従うジェダイ騎士団は、銀河の守護者として平和維持を目的に結成されました。一方ダークサイドを信奉する集団シスは、怒りと恐怖により銀河の支配を目論みます。フォースの善と悪の両面は、命を与え、また奪う場合もある自然の秩序です。
会場では映画に使用された代表的なジェダイとシスのライトセーバーや、フォースがテーマのアート作品を鑑賞できます。また、スター・ウォーズの最新作「フォースの覚醒」で新たに登場したカイロ=レンのマスクとライトセーバーのレプリカも見逃せません。

マイク・カングル「帝国第一」

Vision of BATTLE ~戦いと兵器~

ラルク・マクォーリー「反乱軍スノースピーダーが帝国軍ウォーカーを攻撃」

スター・ウォーズの物語の大部分は、タイトル通り戦いの歴史そのものです。兵器「バトル・ドロイド」の軍隊が大量に投入される一方、クローン製造技術で誕生した軍隊の兵士「クローン・トルーパー」が拡大します。そのほか主力宇宙戦艦「スター・デストロイヤー」や、惑星を滅ぼす破壊力を持つ究極の人工天体兵器デス・スターなど、巨大兵器も登場しました。戦いの主なダイジェスト映像と共に映画で使用されたブラスター銃を間近で見てみてください。

ジェローム・ラガリーグ 無題「コックピット内のルーク・スカイウォーカー」

Vision of GALAXY ~銀河と生態系~

ウィル・ウィルソン「モールの誕生」

スター・ウォーズの舞台「銀河」は、直径12万光年の渦巻銀河です。何千億もの恒星系を内包しており、知的生物が住める星が2,000万はあるとされています。銀河では約2万5千年前に超光速航行を可能にするハイパードライブが発明されました。この技術により銀河に交易路が開拓され、2,000万種以上もの知的生物間の交流が可能になります。さらに銀河共和国の設立へと繋がっていきました。さまざまな惑星に生息するユニークなクリーチャーがいきいきと描かれた作品や、映画で使用されたイウォークのコスチュームを観賞しましょう。

カディール・ネルソン「ボウキャスターを持つチューバッカの肖像」

Vision of DROID ~ドロイドが見たサーガ~

クリスチャン・ワガナー「衝突しあう世界」

スター・ウォーズの作品には特殊機能を持った機械・ドロイドが多数登場します。これまでに発表されたすべてのエピソードに唯一登場し続けているのが、C-3POとR2-D2の名コンビです。この2体のドロイドが振り返る壮大なスター・ウォーズ・サーガの一端を映像で鑑賞できます。また、フォースの覚醒に登場した新ドロイドBB-8のレプリカにも注目です。

アランツァス・マルティネス「ランコア」

Vision of ART ~アートに広がるギャラクシー~ 

西又葵「希望」

スター・ウォーズが影響を与えたのは映画だけではありません。斬新な世界観やデザインセンスは広くポップカルチャーに影響を与えており、ファッションやインテリアにも取り入れられています。ポップアート作品に加え、ストームトルーパーのヘルメットアートなどさまざまな作品が展示される予定です。

イベント詳細
名称:スター・ウォーズ展 未来へつづく、想像のビジョン
会場:あべのハルカス美術館
所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
会期:2016年7月16日(土)~8月30日(火) ※7月25日(月)休館
開催時間:10:00~20:00(入館は閉館30分前まで)
主催:あべのハルカス美術館、産経新聞社、読売テレビ放送、キョードー関西
特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
協力:全日本空輸、日本貨物航空
制作協力:NHKプロモーション、NHKプラネット近畿
入場料:当日券 一般1,500円、大学・高校生1,100円、中学・小学生500円
      前売・団体 一般1,300円、大学・高校生900円、中学・小学生300円
      ※団体料金は15人から
      ※未就学児は無料
      ※障がい者手帳を持っている人は、本人と付き添い1名まで当日料金の半額
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/event_starwars/

© & TM Lucasfilm Ltd.

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ