池袋西武がブラジルに染まる!エドゥアルド・コブラの壁画制作&展示

  • 2406 |
  • 最終更新:

東京都豊島区の「西武池袋本店」屋上に、国内最大級の巨大ウォールアートが描かれます。手掛けるのはブラジルのグラフィティアーティスト「エドゥアルド・コブラ」。制作期間は2016年5月31日(火)の夜から2週間の予定です。リオ名物コルコバードの丘やコパカバーナビーチといったブラジルの名所が、圧倒的なスケールと筆づかいで表現されます。

グラフィティアーティスト「エドゥアルド・コブラ」について

豊かな自然と独特の文化の共鳴から生まれるブラジルのアートは、躍動感溢れる表現で近年世界中から注目を集めてます。なかでも目を引くのが、壁に絵を描くグラフィティアート。その第一人者であるエドゥアルド・コブラ氏はサンパウロ市内にある高さ約56メートルのビル壁面に、ブラジル建築界の巨匠「オスカー・ニーマイヤー」の見事な肖像を描いたことで世界中にその名を轟かせました。

リアルタイム壁画ペイントとは?

エドゥアルド・コブラ氏の初来日は2015年。西武渋谷店のショウウィンドウにブラジルのリズムをテーマにしたアートを描き好評を博しました。
今年、2016年の再来日ではさらにスケールアップ。キャンバスとなるのは西武池袋本店・屋上の「食と緑の空中庭園」にある横約56メートル、約高さ11メートルの壁です。リオデジャネイロの象徴「コルコバードの丘」やブラジル名所である「コパカバーナビーチ」などが描かれます。2016年5月31日(火)の夜から製作が開始され、約2週間で完成予定です。屋上壁画完成後は4階「まつりの広場」に舞台を移し、トリックアートも描きます。展示期間は巨大壁画や床面トリックアートともに、2016年8月末までです。

「西武・そごう」各店ではブラジルイベント「Oi!Brasil 2016」を同時開催

世界中が注目する今夏のリオデジャネイロは、踊り子・カリオカたちの盛り上がりも最高潮です。西武・そごう各店では「BACANA(バッカーナ)!カリオカたちのいいね!」をテーマに、開放的なブラジルファッションやブラジルアートを全館で紹介するイベント「Oi Brasil 2016」が開催されます。人生を楽しむカリオカたちの底抜けに明るく陽気なライフスタイルに触れて、暑い夏を乗り切るエネルギーをチャージしましょう。

イベント詳細

名称:エドゥアルド・コブラ リアルタイム壁画ペイント&展示
会場:西武池袋本店屋上「食と緑の空中庭園」、4階「まつりの広場」
所在地:東京都豊島区南池袋1-28-1
アクセス:池袋駅から徒歩約4分
開催期間:2016年5月31日(火)~8月31日(水)
開催時間:10:00~22:00

名称:Oi Brasil 2016
会場:西武 池袋本店、渋谷店、そごう 横浜店、千葉店、神戸店、広島店、大宮店
期間:2016年5月31日(火)~6月30日(木)
時間:開店時間に準ずる
公式サイト: https://www.sogo-seibu.jp/brasil2016/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ