代々木公園で「大江戸和宴」開催!そばと日本酒を心ゆくまで楽しもう!

  • 4067 |
  • 最終更新:

全国の蕎麦処、酒処から至極の逸品が集合するイベント「大江戸和宴~大江戸そば博・大江戸大酒会~」が6月16日(木)より19日(日)まで、東京・代々木公園イベント広場にて開催されます。日本の伝統文化、蕎麦と日本酒をとことん堪能できるイベントです。

蕎麦と日本酒を中心に楽しむ日本最大級の和の祭典

日本全国各地から様々な蕎麦と日本酒を集めて開催される「大江戸和宴~大江戸そば博・大江戸大酒会~」。北海道幌加内町、福井県越前、奥会津など、全国の蕎麦処から蕎麦が集結する「大江戸そば博」と、知る人ぞ知る旨い酒や、幻の希少銘柄までも楽しめる「大江戸大酒会」を中心に、ご当地グルメや東京、東北の伝統食材も楽しめる和食材の祭典です。

選び抜かれた20店舗の蕎麦店が集う「大江戸そば博」

日本各地から、香りやコシが自慢のお店が一堂に集結して開催される「大江戸そば博」。職人がその場で蕎麦打ちを披露し、打ち立て、ゆで立ての蕎麦を味わうことができます。なかなか訪れることができない遠方のお店のこだわりの味も、気軽に楽しめるのが魅力です。値段は一杯一律700円とたいへんリーズナブル。産地によって違う蕎麦の風味や喉ゴシを食べ比べて味わうのもおすすめです。

100種類の日本酒を楽しめる「大江戸大酒会」

山形県の「十四代」や、山口県の「獺祭」、栃木県の「鳳凰美田」など、希少な名酒を含むおよそ100銘柄の日本酒を楽しめる「大江戸大酒会」。価格はすべてコップ1杯300円から500円。日本酒が苦手な女性でも楽しめるよう、日本酒の梅酒や、フルーツ酒、スパークリング酒なども幅広く用意されます。

会場ではご当地グルメやそば打ち体験も楽しめる!

蕎麦と日本酒のほかにも、全国からご当地グルメが大集合。地元、東京の酒肴を小皿で販売する「大江戸タパス」や、宮城、岩手、福島の食品や工芸品を販売する東北復興支援企画、蕎麦打ち体験や益子焼体験教室なども開催され、大人から子供まで楽しめるイベントとなっています。

イベント情報
名称:大江戸和宴~大江戸そば博・大江戸大酒会~
日程:2016年6月16日(木)~19日(日)
営業時間:12:00~21:00 
会場:代々木公園イベント広場
参加料金:入場無料 蕎麦は一律700円(税込)※有料チケット販売 
      日本酒 コップ売り300円~500円(税込)
      大江戸タパス 1皿500円(税込)※料金は予定
URL: http://www.oedo-waen.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ