女性必見!浴衣で美食と日本文化を堪能できる目黒雅叙園の夏イベント「夏の竜宮城フェスタ」開催

  • 9317 |
  • 最終更新:

東京都目黒区の目黒雅叙園で、美食・文化・芸術が一挙に楽しめるイベント「夏の竜宮城フェスタ 2016」が、2016年6月から9月まで開催されます。園内レストランでの食事や、文化財見学、アートイルミネーションの展示など、五感で夏を満喫できる企画が盛りだくさんです。かつて昭和の竜宮城と称された美しい空間で、お子さんから年配の方まで、家族でも仲間同士でも一緒になって楽しめるでしょう。

夏の竜宮城フェスタ2016とは?

毎年人気の「浴衣プラン」が、より豪華になって登場します。夏の風情を満喫できる線香花火も楽しめる特典付きです。文化財「百段階段」では、7月1日(金)より「和のあかり×百段階段」展を開催。都内にいながらも全国各地のお祭りや日本の美しい色彩を楽しめます。さらに同展とコラボレーションしたCafe&Bar「結庵」が、期間限定で森のカフェバーに大変身します。目黒雅叙園のロケーションでしか味わえない日本の夏を存分に満喫しませんか。

浴衣で夏の美味と日本文化を楽しもう

浴衣プランは毎年、予約が殺到する人気のプランです。浴衣姿で園内レストランの食事と文化財の見学が楽しめます。浴衣の着付けサービスはもちろん、着用した浴衣は持ち帰りOKと、とってもお得です。ディナープランには、シャンパンも楽しめるワンランク上の食事が用意されています。線香花火の体験付きで更に夏の風情を堪能できるでしょう。

プラン名:浴衣で文化財見学&食事特別プラン
開催期間:2016年6月1日(水)~9月26日(月)
     ※ただし、6月27日(月)~6月30日(木)と、8月29日(月)~8月31日(水)の期間を除きます。
     ※金・土・日・月・祝日限定です。
レストラン:日本料理「渡風亭」/中国料理「旬遊紀」
予約:要予約・女性限定(先着順)
   開催スケジュールなど詳細は公式ホームページで確認しましょう。
料金:ランチ 1名 12,500円(税・サ込)
   ※金曜・土曜・日曜・月曜・祝日限定
※ただし6月27日(月)、8月29日(月)を除きます。
    ディナー 1名 16,000円
         1名 20,000円(シャンパンハーフボトル付き)
         ※税・サ込
         ※6月1日(水)~6月25日(土)、7月1日(金)~8月27日(土)、
          9月1日(木)~9月26日(月)のみ金曜・土曜・日曜・月曜・祝日限定
食事:中国料理「旬遊紀」又は、日本料理「渡風亭」
   ※日本料理「渡風亭」は、相席以外は要別途室料が必要です。
    個室の指定は不可です。
時間:ランチ 受付10:00、食事11:30~、見学13:30~、終了予定14:30
   ディナー 受付18:00、見学18:30~、食事19:30~

料金に含まれるのは?
昼:浴衣(着付も含む)・食事・文化財見学
夜:浴衣(着付も含む)・食事・文化財見学
線香花火(園内で体験可能)・シャンパン(20,000円のプランのみ)

レストラン外が幻想的な世界に大変身

Cafe&Bar「結庵」は、目黒駅にほど近いレストランです。7月1日(金)から8月28日(日)まで文化財「百段階段」で開催する「和のあかり展」とコラボレーションし、期間限定で森のカフェバーに変身します。同企画展の出展者の切り絵作家・早川鉄兵氏の作品が店舗の外に広がる森を幻想的に演出。光るテントや、可愛いランタンの中に森の動物たちが登場します。初めての試みである、森の動物たちのイルミネーションを眺めながら食事や会話を楽しんでみませんか。

東京初出荷・幻の高級魚「森のビワマス」が数量限定で登場

滋賀県の「醒井渓谷」の湧き水で飼育されている幻の高級魚「森のビワマス」が、1日10匹限定で「結庵」に登場します。上質な脂がのっており、淡水魚の中で最も美味しいと言われている魚です。長い時間をかけて養殖に成功した幻の高級魚を味わえます。

森のビワマスのメニュー例
昼:ビワマスのカルパッチョ 500円(税・サ別)
夜:ビワマスの瞬間スモーク・白ワイン蒸し他、全4品 各1,200円(税サ別)

夜の「結庵」をムーディーに演出する森の音楽会を開催

若手実力派ミュージシャン達が、アコースティックライブを開催し、ディナータイムを優雅に演出してくれます。登場するのは、ドラマ・映画曲を手掛けるカリスマチェリストの村中俊之氏や、和楽器奏者ユニット「AUN J クラシック・オーケストラ」のメンバー石垣秀基氏(尺八)、尾上秀樹氏(中棹三味線)です。邦楽界の新世代、和楽器ユニット「HIDE×HIDE」も登場します。初登場するのは、滋賀県出身のkoto(箏)を奏でるシンガーソングライター真依子さんです。自然の中で育んだ慈愛に満ちたメロディを、癒しの空間で奏でてくれます。

「森香るハイボール」とオリジナルカクテルが登場

多くのファンを魅了するシングルモントウイスキー「白州」が提供されます。ライトアップされた幻想的な森を眺めながら、リラックスして味わえるでしょう。

森香るハイボールメニュー例:森香るウィスキーモヒート

アートイルミネーション「和のあかり×百段階段」展

「和のあかり」展は昨年の初開催時、約1カ月間の短い展示期間で6万人もの来場者数を記録した話題のイベントです。今年は7月1日(金)から8月28日(日)までの期間で開催されます。祭り・アート・職人・伝統芸能の4つの切り口から、和のあかりと色彩が楽しめるでしょう。前回の倍を上回る30以上の出展者が、日本全国から集結。2015年を超えるスケールでゲストを出迎えてくれます。また年間でもこの期間限定で「百段階段」の撮影が全時間帯可能です。貴重な機会に合わせて足を運んでみませんか。

日本全国の祭りが目黒雅叙園に大集合

「和のあかり」展では、東北三大祭りの「青森ねぶた祭」や、「秋田竿燈まつり」、「仙台七夕まつり」をはじめ、北海道函館市の「南かやべひろめ舟祭り」、青森県五所川原市の「五所川原立佞武多祭り」、岐阜県美濃市の「美濃和紙あかりアート展」、山口県柳井市の「柳井金魚ちょうちん祭り」など、日本各地の祭りが文化財に集合します。

文化財「百段階段」で81年ぶりに第8の部屋を一般向けに初公開

過去17年間の文化財「百段階段」の企画展では、99段の階段と7つの部屋のみが公開されていました。今年は初の試みで99段目の階段の突き当りに位置する8番目の部屋が、81年ぶりに公開されます。日程は、2016年7月1日(金)から2016年8月28日(日)までの期間限定です。

展覧会名:アートイルミネーション「和のあかり×百段階段」展 ~日本の色彩、日本の祭り~
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日) 59日間
開催時間:日曜~木曜 10:00~18:00(最終入館17:30)
     金曜・土曜 10:00~19:00(最終入館18:30)
     夜の文化財ガイドツアー…受付18:15/見学18:30~19:30
                 その後食事
料金:入場料当日券1,200円、前売券1,000円、園内前売券800円、
     学生600円 ※全て1名料金(税込)
会場:目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段」
所在地:東京都目黒区下目黒1-8-1

イベント詳細
名称:夏の竜宮城フェスタ 2016
会場:目黒雅叙園(東京都目黒区下目黒1-8-1)
開催期間:2016年6月~9月
公式サイト:http://www.megurogajoen.co.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ