手ぶらでキャンプを楽しもう!休暇村が展開する全国のキャンプ場で「手ぶらでキャンプ」販売中

  • 2246 |
  • 最終更新:

北海道から鹿児島まで全国30ヶ所の自然公園に展開するキャンプ場で、道具を持ち込まず手ぶらでキャンプを楽しめる「手ぶらでキャンプ」が販売中です。テントは設営済みで用具も食材も揃っています。価格は1泊2食3,800円からとお手頃です。家族やグループでの利用に最適ではないでしょうか。

手ぶらでキャンプとは?

ここ数年で豪華な設備を充実させた「グランピング」や、1人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」など、新たなキャンプの過ごし方が浸透しています。一方で物を持たない、持ちたくない若い世代も増加。仲間内でキャンプをする際に道具を持っていないと、なかなか一緒に…とは踏み出せませんよね。「手ぶらでキャンプ」は、キャンプ道具や食材の持ち込みなど一切不要です。テントやテントマット、ランタン、寝具、テーブル・椅子、調理セット、食器セットは全て揃えてあります。食材も用意されている為、ホテルに泊まる時と同様の荷物で気軽に利用できます。晴れた日の夜には満点の星空も望めるでしょう。準備はおまかせして後は楽しむだけです。行きは手ぶら、帰りは思い出いっぱいのキャンプに出掛けてみませんか。お子さんと一緒に料理にもチャレンジ出来ますよ。

国立・国定公園でキャンプを楽しもう

休暇村は国立・国定公園の中に位置しています。四季折々の自然を満喫しながら過ごせるでしょう。日本を代表する景勝地を楽しみながら、海水浴や釣り、ハイキング、カヌーなど様々なアクティビティを満喫できます。

手ぶらでキャンプは全員が初心者でもOK

スタッフがキャンプ用具の使い方や夕食の作り方など全て丁寧に教えてくれます。キャンプ初心者の人も安心です。また、キャンプ場を利用すると休暇村施設内の温泉・大浴場を利用出来る施設もあります。

「離島を満喫!~気仙沼大島手ぶらでキャンププラン」の魅力をご紹介

30ヵ所あるキャンプ場の中から宮城県の三陸復興国立公園にある、気仙沼大島キャンプ場の「手ぶらでキャンププラン」をご紹介します。気仙沼大島は自然が豊富で、海に浮かぶ「緑の真珠」と呼ばれています。用意されているのは、海に囲まれた離島で特別な準備をせずにキャンプを楽しめるプランです。友人同士やグループで日常を離れて過ごしてみませんか。

離島で大自然を満喫

気仙沼大島には船で渡ります。移動中は、特徴的なリアス式海岸の絶景を楽しめるでしょう。島内は車の往来も少なく、耳に飛び込んでくるのは、野鳥のさえずりや潮騒、海を渡る風の音です。夜は満天の星空を静かな環境の中で漫喫できます。

地元の食材をたっぷり味わおう

気仙沼湾で水揚げされたサンマなど三陸の海の幸を楽しめます。食材や炭など、必要なキャンプ用品は全て用意。何も持ち込む必要はありません。スタッフが用具の使い方や作り方をイチから教えてくれます。全員初心者でも安心です。

「初心者でも安心~手ぶらでキャンププラン」詳細
販売期間:販売中~2016年10月31日(月)
料金:大人5,500円・小学生4,000円・幼児2,500円

「休暇村気仙沼大島」施設概要
住所:宮城県気仙沼市外畑16
公式サイト:http://www.qkamura.or.jp/kesen/

手ぶらでキャンプは、思い立ったら数日後にキャンプに出掛けることができます。キャンプデビューにもピッタリのプランでしょう。

イベント詳細
名称:手ぶらでキャンプ
販売期間:販売中 ※各休暇村によって時期が異なります。
販売料金:大人 1泊2日3,800円~、小学生 3,300円~、幼児3000円~
       ※各休暇村、時期によって料金が異なります。
注意点:各施設によって浴場の使用条件、食事内容が異なります。
公式サイト:http://www.qkamura.or.jp/campaign/ty4/?c=4&cm=127

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ