ブランド牛を堪能!横浜にステーキハウス瓦glamb開店

  • 2123 |
  • 最終更新:

神奈川県横浜市のたまプラーザ駅に、北海道のブランド牛「宗谷黒牛(そうやくろうし)」が味わえる「STEAK HOUSE 瓦glamb(グラム)」が5月18日にオープンしました。柔らかな肉質と適度なサシ、脂の甘みが特徴的な宗谷黒牛のさまざまな部位のステーキが堪能できますよ。

「STEAK HOUSE 瓦glamb(グラム)」とは?

2016年5月18日(水)に神奈川県横浜市のたまプラーザ駅にオープンした「STEAK HOUSE 瓦glamb(グラム)」は、「贅沢に、おいしいお肉を好きなだけ」がコンセプトです。北海道稚内市の宗谷岬牧場で生産される日本最北のブランド牛「宗谷黒牛(そうやくろうし)」を使用した贅沢なステーキを味わえます。

宗谷黒牛は「大地の健康・牛の健康・消費者の健康」を生産理念に、北海道遺産・宗谷丘陵の広大な牧草地で放牧されています。ストレスなく育てられ、柔らかな肉質と適度なサシ、脂の甘みが特徴のブランド牛です。STEAK HOUSE 瓦glambでは肉のうまみが強い赤身や柔らかでヘルシーなフィレ、1頭の牛から600g程度しか取れない超希少部位シャトーブリアンがいただけます。

また、提供されるお米は肉と産地を合せた北海道生まれのブランド米「ふっくりんこ」です。ふっくらとやわらかく、甘みがある味わいは宗谷黒牛のステーキと相性抜群です。

目玉は新食感ステーキ「ロイヤル・リブ」!

STEAK HOUSE 瓦glambの目玉メニューは、真空状態50℃から60℃の低温で24時間調理をされたリブロースです。真空調理のため肉の旨味が逃げず、低温調理なのでタンパク質が凝固せず柔らかに仕上がります。生肉のような見た目ですが中はしっかりと火が通っていますのでご安心を。ジューシーでとろけるような新食感が楽しめます。肉好きの方は必見のメニューです。

メニューの一部を紹介!

STEAK HOUSE 瓦glambは年中無休。11時から15時がランチタイムで17時から22時までがディナータイムです。次に、こちらのお店で楽しめるメニューを一部紹介します。

ランチタイム
・カットステーキ150g/1800円
・瓦サーロインステーキ150g/3800円
・フィレステーキ150g/4600円
・瓦ロイヤル・リブ250g/3600円
・ビーフ100%瓦ハンバーグ200g/1690円

ディナータイム
・赤身ステーキ 150g/2,950円、200g/3,900円、250g/4,850円、300g/5,800円
・瓦サーロインステーキ 150g/3,800円、200g/4,950円、250g/6,150円、300g/7,350円
・フィレステーキ 150g/4,600円、200g/6,100円、250g/7,600円、300g/9,100円
・シャトーブリアンステーキ 150g/5,400円、200g/7200円、250g/9,000円、300g/10,800円
・瓦ロイヤル・リブ 250g:3,600円 ※値段は全て税別

なお、ステーキ・ハンバーグ注文でサラダ&マッシュポテトが食べ放題となる嬉しいサービスも用意されています。ガッツリと食べたい方にぴったりです。
質、量ともに満足できること間違いなしのSTEAK HOUSE 瓦glambに、足を運んでみてください。

店舗詳細
店舗名:STEAK HOUSE 瓦glamb(グラム) たまプラーザ店
住所:神奈川県横浜市 青葉区美しが丘2-21-1
営業時間:ランチ11:00~15:00、ディナー17:00~22:00 ※L.O.21:00
営業日:年中無休(予定)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ