和キルトと文化財の豪華絢爛な共演が楽しめる「和キルト×百段階段」が、目黒雅叙園で開催

  • 773 |
  • 最終更新:

東京都目黒区にある目黒雅叙園で、2016年6月1日(水)から6月26日(日)まで、『和キルト×百段階段2016 ~和キルト百人展「寿ぎ」~』が開催。園内にある東京都指定有形文化財「百段階段」に、和のエッセンスを取り入れたキルト作品・約200点が集結します。

http://mag.japaaan.com/

「和キルト」と東京都指定有形文化財「百段階段」がコラボ!

ヨーロッパ生まれアメリカ育ちのパッチワークキルトは、ミドル・シニア層に人気の手芸の1つ。布を縫い合わせ、デザインを作り、調和の取れた1枚の美しいキルトを作り上げる針仕事は、世界中で多くの人を魅了し、日本国内にも愛好家が300万人いると言われています。

そんな「洋」のキルトが「和」の感性で紡がれ、2年の歳月を経て「百段階段」に再び集結。日本絵画や彫刻、組子障子などが飾られた、色彩豊かな7つの部屋を設える美術空間・「百段階段」と現代キルターたちの豪華絢爛な美の共演が楽しめます。

「和キルト×百段階段2016」の見どころ

2014年に行われた「和キルト×百段階段」では、ミドル・シニア層の女性を中心に約2万人が来場。大盛況のうちに終了しました。
今回は本企画展のために2年の歳月をかけて作られた、50人の人気作家とコンクールの受賞作品など200点近い新作キルトを展示。そのほかにも、「キルト日本展」の歴代受賞作品をはじめ、世界的に知られたキルター・故藤代郁子氏の作品が鑑賞できます。

さらに、創業88周年を迎えた目黒雅叙園にふさわしい「寿ぎ」をテーマにしたコンクールを開催。本展をきっかけに、ヒューストンで行われる世界最大のキルトフェスティバルにも招聘されているキルターたちの傑作が一堂に介します。

様々な関連イベントも開催!

会期中の2016年6月6日(月)、7日(火)の2日間には、入場無料・予約不要のクラフト・フェスタも行われます。手作り品やキット・布などのマーケット、ミニワークショップなどを気軽に楽しめますよ。

また、和キルト展の入場券とランチが付いた、初心者からプロフェッショナルな方まで広く楽しめる講習会も実施予定。興味がある方は公式サイトをチェックしてください。

昭和初期を代表する建造物・「百段階段」に広がる、美しい「和キルト」の世界に浸ってみてはいかがですか。

イベント詳細
名称:東京都指定有形文化財「百段階段」特別企画 和キルト×百段階段2016 ~和キルト百人展「寿ぎ」~
会場 :目黒雅叙園内・東京都指定有形文化財「百段階段」
開催期間:2016年6月1日(水)~6月26日(日) ※会期中無休
開催時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
入場料 :当日1,200円/前売1,000円/学生600円(要学生証呈示) ※小学生以下無料
公式サイト:http://www.megurogajoen.co.jp/event/wakiruto/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ