横浜がお祭りムード一色に染まる2日間!「横浜開港祭」6月1日、2日に開催!

  • 6130 |
  • 最終更新:

横浜の開港を記念する「第35回 横浜開港祭」が2016年6月1日(水)、2日(木)、パシフィコ横浜臨港パークにて開催。レーザー光線による演出が人気の花火大会をはじめ、官公庁艇パレードや官公庁音楽隊による迫力あるライブステージなど、海・陸・ステージに分かれた様々なプログラムが楽しめる横浜最大のお祭りです。ここでは、熱気あふれる横浜開港祭についてご紹介しています!

http://kannai.jp/

「横浜開港祭」とは?

横浜港の開港を祝うイベント・「横浜開港祭」は、「開港を祝い、港に感謝しよう」というテーマのもと、市民が一堂に集い会する市民祭として、1981年からスタート。今年で35回目を迎えます。

横浜港は、幕末の「黒船来航」をきっかけに1859年の旧暦6月2日に開港。開港翌年の6月に、民衆が山車を繰り出し祝ったと言われています。この出来事から6月2日が横浜港の開港記念日となり、「横浜開港祭」は毎年6月2日前後に行われるようになりました。

開港記念日は、港と共に発展してきた横浜にとって誕生日とも言えるもの。初夏を彩る花火をはじめ、多くのイベントが行われ、横浜が祭一色に染まります。

海・陸・ステージに分かれた様々なプログラムが開催!

今年は"Thanks to the Port"「開港を祝い、港に感謝しよう」をコンセプト、~未来へ繋ぐ開港の歴史、正しく学び、共に祝う市民祭~をサブテーマに開催。みなとみらい臨港パークを中心に海・陸・ステージに分かれた多彩なプログラムを開催します。

マリンイベント
・やえやま型掃海艦はちじょう 一般公開
・スーパーキッズ体験操船会
・官公庁艇パレード
・アクアボード・フライングショー
・たかしまⅡ乗船会
・ローズ横浜湾港内クルーズ など

多彩なマリンイベントは「横浜開港祭」の特色の1つ。日本で一番大きい木造の掃海艦・はちじょうの一般公開や、国土交通省所有船・たかしまⅡのクルージングなど、普段体験できないプログラムが揃っています。また、音楽に合わせて水圧で空を舞う「アクアボード・フライングショー」や、4艇の消防艇による迫力の放水パフォーマンスが楽しめる「官公庁艇パレード」など、港をメインにした祭ならではのイベントが楽しめます。

http://blogs.yahoo.co.jp/

ランドイベント
・横浜開港祭パレード
・チビッ子ミニ駅伝2016
・第7回YOKOHAMAスウィーツ・パラダイス
・横浜開港喫茶
・わくわく特殊車輌ランド
・スポーツ教室 など

ゆるキャラが臨港パークを練り歩く「横浜開港祭パレード」や、事故・災害・防衛・救援・防災等の特殊車輌が勢揃いする「わくわく特殊車輌ランド」、一流選手の課外授業を体験できる「スポーツ教室」など、ファミリーで楽しめるプログラムが満載です。様々なフードやスイーツが登場し、食べ歩きを満喫できます。

http://kaikosai.com/

ステージイベント
・開港祭LIVE
・官公庁音楽隊LIVEステージ
・開港祭 meets JAZZ
・YOKOHAMAダンススタジアム
・横浜銀行ドリーム・オブ・ハーモニー など

ステージイベントでは、女性アイドルグループによるライブや、横浜市内で活躍するミュージシャンなどの「開港祭Live」が開催。1日目メインステージのラストでは、加山雄三率いる「THE King ALL STARS」が登場。開港祭を盛り上げます。
また、在日米陸軍・神奈川県警察・横浜税関が誇る軍楽隊・音楽隊によるステージも行われます。年間235回もの公演を行う在日米陸軍軍楽隊 「UNCLE SAM'S ALL-AMERICAN BRASS BAND」の華やかな音楽ライブは必見ですよ。

https://www.youtube.com/

目玉は最終日の花火大会!レーザーや音とコラボした美しい花火は必見!

毎年最終日に行われる「横浜開港祭花火大会」は、毎年約70万人を動員する「横浜開港祭」のメインイベント。「ビームスペクタクルinハーバー」と呼ばれるこの花火大会は、30分もの間に打ち上げられる約6,000発の花火とレーザー光線による演出が楽しめる異色の花火大会として知られています。光・音・水と花火の華麗なコラボは必見。ショーとしても花火としても楽しめます。

http://www.dphotocon.net/

多彩なアトラクションやイベントが満載の「横浜開港祭」はデートにもぴったり。1日楽しめる内容となっています。ぜひ足を運んでみてください。

イベント詳細
名称:第35回 横浜開港祭
会場:パシフィコ横浜臨港パーク
住所:横浜市西区みなとみらい1-1-1
開催日程:2016年6月1日(水)、2日(木)
開催時間:プログラム、アトラクションによって異なる 
公式サイト:http://www.kaikosai.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ