人気マンガ「弱虫ペダル」のカフェが東京・秋葉原にオープン!グルメ通も魅了するメニューが登場

  • 2436 |
  • 最終更新:

弱虫ペダル GRAND ROADは、自転車競技を題材にしたスポーツ漫画です。その「弱ペダ」の世界観の中でエンターテインメントや食事、ドリンクが楽しめる「カフェ&バー CHARACRO(キャラクロ) feat. 弱虫ペダル」が、東京・秋葉原にグランドオープンします。営業開始日は2016年5月27日(金)です。気になる内容について紹介します。

カフェ&バー CHARACROとは?

株式会社ナムコが展開しているキャラクターテーマ型のエンターテインメント飲食施設です。これまでに池袋と秋葉原に3店舗を出店しています。CHARACROでしか楽しめない演出や遊び、エンターテインメントが沢山用意されています。

CHARACRO feat. 弱虫ペダルとは?

Cyclist Cafe&Bar:SIDE ROADは、漫画「弱ペダ」内に登場するサイクルスポーツセンター内に建設されたカフェ&バーです。「CHARACRO feat. 弱虫ペダル」は、Cyclist Cafe&Bar:SIDE ROADをイメージしています。コンセプトは「現実世界と作品世界のクロスオーバー空間」です。演出やエンターテインメントを通して作品への没入感と、参加したファン同士で一体感を味わえるでしょう。店内では、キャラクターをモチーフにしたオリジナルのフード&ドリンクや、描きおろしイラストを使用したグッズが販売されます。また来店ポイントカードが用意されており、ポイントが貯まるとオリジナルグッズが貰えます。大型スクリーンに映し出すのは、過去のレースシーンや注目選手のオリジナル映像です。各テーマに合わせて選手へ投票するアトラクションも用意されています。

ネーミングもユニークなメニューが続々と登場

選手たちをモチーフにしたメニューは、おしゃれなカフェ風です。見た目にも食欲をそそられますよ。「おれたちのプレートだ!」や、「全員がエースです!プレート」などネーミングもユニークです。セットメニューは特製のランチョンマットが付いており、6種類がランダムに配布されます。また選手名がついたドリンクもバラエティ豊かに取り揃えてあります。それぞれオリジナルコースター付きです。さらに5月27日(金)から6月19日(日)までの期間中は、キュートなデザートが付いています。

オリジナルグッズを手に入れよう

「弱ペダ」のイラスト入りのステッカーや、クリアファイル、スポーツタオルなど様々なグッズも販売されます。ココでしか買えないオリジナルグッズです。

弱虫ペダル GRAND ROADとは?

自転車競技を題材にしたロードレース漫画です。これまでにテレビアニメでも放送され人気に拍車がかかりました。すでに第3期の制作も決定しています。それぞれのキャラクターが個性的で若い女性にも人気の漫画です。

イベント詳細
施設名称:カフェ&バー CHARACRO feat. 弱虫ペダル
所在地:東京都千代田区外神田2丁目5-12 タカラビルB1F
アクセス:秋葉原駅電気街口より徒歩約6分
営業期間:2016年5月27日(金)~終了時期未定
営業時間:10:00~21:40(完全入替制/5回転)
定休日:毎月第3水曜
営業システム:完全入替制(100分間/1日5回入替)
         事前予約制(Webサイトより)
         チャージ 1人当たり 300円
席数:最大64席
電話番号:03-3525-8928
公式サイト:http://www.namco.co.jp/cafe_and_bar/characro_yowapeda/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ