韓国発!とろけるかき氷「ソルビン」日本1号店が原宿にオープン

  • 8326 |
  • 最終更新:

韓国で人気のコリアンデザートカフェ「ソルビン(雪氷/SULBING)」がついに日本上陸。東京・原宿の神宮前1丁目エリアに、2016年6月30日(木)、「SULBING HARAJUKU(ソルビン ハラジュク)」がオープンします。フルーツやソースがたっぷりとのった、とろけるかき氷は絶品。スイーツ好き必見です。

韓国で人気のコリアンデザートカフェ「ソルビン(雪氷/SULBING)」とは?

2013年4月、釜山の南浦洞に第一号店をオープンした「ソルビン(雪氷/SULBING)」は、伝統とモダンが混じりあった暖かく温もりのある感覚がコンセプトのコリアンデザートカフェです。韓国の伝統菓子に斬新なアイデアが加わり、現代風にアレンジされたスイーツが評判を呼び、一躍人気店に躍り出ました。オープン翌年には、最も消費者のニーズに応えヒット商品を生みだした12ブランドに贈られる「韓国ブランド大賞」を受賞。現在は韓国国内で500店舗以上を展開するほか、中国やタイ、アメリカにも店舗を出店しています。H.I.Sが発表した「本場で食べたい!世界の絶品スイーツランキング」で「ソルビン」のプレミアムいちごかき氷が1位を獲得するなど、日本人観光客からも絶大な人気を集めています。

人気メニューは、パウダースノーのようなミルクかき氷・パッピンス

「ソルビン(雪氷/SULBING)」と言えば、ピンス。ピンスは韓国伝統のかき氷で若年層にはあまり支持されていませんでした。それを創業者のチョン・ソンヒ氏が、若者向けにアレンジ。今までにない触感のかき氷を作り出しました。その最大の特徴は、既存のかき氷とは違い凍らせた牛乳が使用されていることです。牛乳をひやした氷ならではのスノーパウダーのような食感を楽しめます。きな粉やフルーツなどがふんだんにトッピングされた華やかな見た目も好評です。

2016年6月30日(木)に日本1号店「ソルビン ハラジュク(SULBING HARAJUKU)」がオープン!

2016年6月30日(木)に日本初上陸する「ソルビン」。日本第1号店となる「ソルビン ハラジュク(SULBING HARAJUKU)」が、東京・グリーンオーク原宿にオープンします。

香ばしいきな粉とパリパリのアーモンドがマッチした看板メニュー「インジョルミ・ソルビン(きな粉餅かき氷)」をはじめ、日本人に人気の「センタルギ・ソルビン(いちごかき氷)」など、多彩なかき氷メニューが揃います。また冬にも大人気のホットスイーツ「インジョルミ・トストゥ(きな粉餅トースト)」など、かき氷以外のメニューも充実。加えて日本限定商品も導入される予定です。

日本のかき氷とは一味違う、韓国初のかき氷・ピンスをぜひ味わってみてください。

店舗詳細
名称:ソルビン ハラジュク(SULBING HARAJUKU)
住所:東京都渋谷区神宮前1-14-34 グリーンオーク原宿2F
オープン日:2016年6月30日(木)
営業時間 : 11:00〜21:00(予定)
定休日:不定休

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ