京成バラ園ローズフェスティバル開催中!美しく咲く春バラを見に行こう

  • 5071 |
  • 最終更新:

今年もバラの季節がやってきました。千葉県八千代市の京成バラ園では、5月7日からローズフェスティバルを開催しています。京成バラ園は1959年に設立されて以来、美しいバラを次々と生み出してきました。今回は、美しいバラで溢れる京成バラ園の魅力をご紹介します。

京成バラ園のチケット購入はこちら!

1,600種類、10,000株を超えるバラが美しく咲く姿は圧巻!

30,000㎡もの広大な敷地を誇る「京成バラ園」は、約1,600種類、10,000株のバラが咲き誇るローズガーデンです。園内には原種からオールドローズ、モダンローズまでさまざま植えられており、1年を通して散策を楽しめます。ひとくちにバラといっても、本当にいろいろな花の形、色があることに驚かされます。

フランボワーズバニーユは、マーブルで染めたような花びらが印象的。

バラの中にさらにバラが入っているような華やかさのガーデンオブローゼズ。何枚花びらがあるのか数えたくなってしまいます。

園内の見どころ

樹齢約50年のつるバラの大アーチ

創業当初からある約50年もの、つるバラ「フランソワ ジュランビル」の大アーチです。1999年のリニューアル時に移植されましたが、年々花の数は増え続けています。華麗な見た目だけではなく、めくるめくバラの香りも魅力の一つです。

恋人の聖地!「エデンの園」

「エデンの園」とは、ブライダルマザー・桂由美より寄付された大理石のガゼボ(パビリオンの一種)です。ガゼポ内には「エデンの鐘」が設置されており、園内には鐘の音が鳴り響いています。全国のプロポーズにふさわしいデートスポット「恋人の聖地」にも認定されていて、バラ愛好家だけではなく、若いカップルからも注目を集めるスポットです。

癒し空間!自然風庭園

鮮やかなバラ園を抜けるとそこには、広々した庭園が広がります。

6月5日までローズフェスティバル開催中!

京成バラ園ではバラはもちろんのこと、ツツジやアジサイなど1年中色とりどりの花を楽しめます。1年で最もバラが美しく咲くこの季節には、「ローズフェスティバル」を実施。6月5日(日)までの開催です。

館内を散策したら、カフェでほっとひといき

京成バラ園には、カフェ&レストランとベーカリーがあります。バラを楽しんだあとに、ゆっくりお食事でもいかがですか。

京成バラ園ならでは!バラソフト

カフェ「パティオ」では、バラのソフトクリームを販売しています。強すぎず、ほのかに香るバラの香りがたまらないソフトクリームです。バラを眺めながらティータイムが楽しめます。

石窯ベーカリー「サンブレッダ」

パン100種類とサンドイッチ20種と、豊富な品揃え!

レストラン「ラ・ローズ」

自家農園朝摘みの有機ハーブ野菜を使用した健康に優しいメニューが楽しめます。

おみやげにぴったり!ローズショップ

おしゃれなバラの雑貨や、京成バラ園オリジナルのフレグランスなど、約2000種類のバラのアイテムが揃っています。バラ専門店ならではのこだわりの商品は、どれもかわいすぎて迷ってしまします。また、上品なバラの香りのジャムや紅茶、スイーツ、バラの実のお茶など、ここでしか買えない商品は必見です!

ローズショップの隣には、広々としたガーデンセンターがあります。ここではローズガーデンで見たバラなどを購入することができます。初心者でも育てやすいバラもありますので、気に入ったバラがあればスタッフの方に聞いてみましょう。

6月上旬までがバラの見頃。今度の週末は少し足を伸ばして、美しいバラを見に行ってみませんか。

京成バラ園のチケット購入はこちら!

施設概要
名称:京成バラ園
住所:千葉県八千代市大和田新田755
アクセス:東葉高速鉄道 八千代緑が丘駅下車徒歩15分または、東洋バス八千代医療センター行・八千代中央駅行「京成バラ園」下車(バス所要時間約5分)
京成線 八千代台駅西口下車、東洋バス2番のり場八千代緑が丘駅経由八千代医療センター行・八千代中央駅行「京成バラ園」下車(バス所要時間約30分)
営業時間:10:00~17:00(5,6月は9:00~18:00)
入園料:春バラシーズン(5・6月)
大人…1,200円、シニア・障害者…900円、中学生…200円、小学生…200円、小学生未満…無料
公式HP:http://www.keiseirose.co.jp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ