2020年春に大幅リニューアル!東京ディズニーリゾートの今後の開発計画について詳しく解説

  • 7103 |
  • 最終更新:

2016年4月27日(水)、東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドが、東京ディズニーリゾートの今後の開発計画を発表しました。これまで以上に魅力的なテーマパークに生まれかわるべく、新規エリアや新しいアトラクションなど様々な開発が進んでいく見込みです。

今後の東京ディズニーリゾート

株式会社オリエンタルランドは、2014年に「2023年までに高い満足度を伴った入園者数を恒常的に3,000万人レベルとする」という目標を発表していましたが、ディズニーリゾートの好調を考慮し、その目標を2020年までに達成する計画に修正しました。
それに伴い東京ディズニーリゾートでは、今後大幅なリニューアルが行われます。

東京ディズニーランド

美女と野獣エリア(仮称)

いまでも幅広い年齢層に愛されているディズニー映画「美女と野獣」。その世界観を体感できる新エリアが、ファンタジーランドに登場します。
世界で東京ディズニーランドでしか楽しめない、ライドタイプの大型アトラクションが導入される予定となっており、映画の名シーンを満喫しながら約8分に渡ってベルの冒険を追体験することができます。アトラクションは野獣の住む城に設置されますよ。
またエリア内には、ベルの住む村が再現され、ショップやレストランもオープンします。

ライブエンターテイメントシアター

同じくファンタジーランドに登場するのが、ライブエンターテイメントが楽しめる屋内シアターです。1,500名を収容できる大型の施設となり、ディズニーキャラクターたちによる東京ディズニーランド独自のプログラムを鑑賞できます。

「ベイマックス」の新アトラクション

ファンタジーランドに隣接するトゥモローランドには、ディズニー映画「ベイマックス」の新アトラクションがオープンします。ライドタイプのアトラクションとなっており、ゲストそれぞれを担当する「ケア・ロボット」と一緒に、回転するライドを楽しめます。
またこちらでは、ディズニーランド初となるポップコーン専門店もオープン。アトラクションの隣に設置されます。

新キャラクターのグリーティング施設

ミニーマウスとの時間を楽しめるグリーディング施設はトゥーンタウンにオープンします。ゲストは、ファッションデザイナーとしてがんばるミニーマウスのスタジオを訪れ、仕事の様子を見学したのちフォトスタジオへ移動。そこでは、ミニーマウスと写真を撮ることができます。

東京ディズニーシー

東京ディズニーシーでも、大型アトラクションが導入予定となっています。場所はメディテレーニアンハーバーで、海外のディズニー施設で人気の高い「ソアリン(仮称)」が新たにつくられます。

「ソアリン(仮称)」はシュミレータータイプのアトラクションで、ライドに乗って空の旅を楽しむことができます。東京ディズニーシーオリジナルのシーンも追加予定となっており、大迫力の映像で人気のアトラクションになりそうです。

また、「ソアリン(仮称)」以外にも、アトラクションやエンターテイメントプログラムのリニューアルが予定されています。

ディズニーシーは2019年、ディズニーランドは2020年春のリニューアル予定となっているため、まだお楽しみはお預けです。しかし、新しい東京ディズニーリゾートに期待しながら完成を待ちましょう。

©Disney

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ