5月13日、大阪城内に初の予約制レストランが誕生!大阪城を背景に和洋折衷の料理が楽しめる

  • 3289 |
  • 最終更新:

NHK大河ドラマ「真田丸」で盛り上がりを見せる大阪城・西の丸庭園内の「大阪迎賓館」に、予約制レストラン「大阪城西の丸庭園 大阪迎賓館」がオープンします。オープン予定日は2016年5月13日(金)です。大阪城西の丸庭園内にある西の丸庭園の四季折々の風景を楽しみながら、和の要素を取り入れられた繊細な料理の数々が楽しめます。

大阪城の中に初の予約制レストランが誕生!

2015年、多くの市民や観光客に大阪城の魅力を再発見してもらう目的で「大阪迎賓館」のリニューアルが決まりました。これまで西の丸庭園の休憩所として使われてきた大阪迎賓館の一部が改装され、大阪城初の予約制レストラン「大阪城西の丸庭園 大阪迎賓館」が2016年5月13日(金)にグランドオープンします。落ち着いた風情のある純和風建築は、訪日外国人向けの宴会や接待、記念日になどさまざまなシチュエーションで活躍すること間違いありません。

西の丸庭園に佇む純和風建築「大阪迎賓館」の魅力

大阪城のふもと「大阪城公園・西の丸庭園」にたたずむ大阪迎賓館は、1995年11月に開かれた国際会議・APEC’95で訪日したアジア太平洋諸国の首脳級の方々をもてなすために建てられました。京都の世界遺産・二条城にある二の丸御殿の白書院がモデルになった純和風建築です。折上格天井や生漆の古色塗りによる木材の加工など、二の丸御殿の格式高さが高い職人技術によって忠実に再現されています。

また、大阪迎賓館がある西の丸庭園の美しい景観も見どころの1つです。1965年に開園した有料庭園・西の丸庭園の総敷地面積は約6.5ha。広大な敷地の約半分はきれいに整備された芝生庭園となっており、春はソメイヨシノやシダレザクラなど約300本の桜が咲き誇ります。さらに秋の紅葉や冬のサザンカ、寒椿と季節ごとに色鮮やかな草花も魅力的です。

有名シェフが監修!和洋折衷の繊細な味が楽しめる

レストランでは和洋折衷の多彩な料理を提供される予定です。監修するのは石井之悠シェフ。石井シェフはスイスのグランメゾンで活躍したあと、神戸元町の伝説の名店「ラピエール」をオープン。さらにアメリカ・ニューヨーク発のレストランガイド「ザガットサーベイ」で神戸エリア料理部門4年連続1位を獲得しています。関西のフレンチ界を牽引する名シェフです。

大阪城西の丸庭園 大阪迎賓館は特別な記念日などのランチやディナーにぴったりです。広大な緑と大きな空に包まれる最高のロケーションの中で、大阪城をバックに贅沢なひと時が過ごせますよ。

店舗詳細
店舗名:大阪城西の丸庭園 大阪迎賓館
住所: 大阪府大阪市中央区大阪城2(大阪城西の丸庭園内)
アクセス:大阪市営地下鉄谷町線「谷町四丁目」駅1-B出口から徒歩約10分
      大阪市営地下鉄谷町線「天満橋」駅3号出口から徒歩約11分
オープン日:2016年5月13日(金)
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休
公式サイト:http://osakacastle.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ