世界で唯一のショーンが渋谷に登場!アート&チャリティ「Shaun IN SHIBUYA」

  • 2758 |
  • 最終更新:

2016年5月5日(木・祝)~5月22日(日)、東京・渋谷にてアートとチャリティのイベント「Shaun IN SHIBUYA(ショーン イン シブヤ)」が開催されます。人気アニメーション「ひつじのショーン」と著名アーティストたちが豪華なコラボを果たします。

「Shaun IN SHIBUYA」とは

「ひつじのショーン」はイギリス生まれのアニメーション作品で、2015年には日本でも映画が公開され反響を呼びました。
「Shaun IN SHIBUYA」では、国内の著名アーティストやブランド、団体などとコラボしデザインされた高さ130㎝、全長140㎝に及ぶ大型のオブジェが30体展示されます。
参加アーティストは、映画監督の庵野秀明さんや漫画家の安野モヨコさん、ハローキティのデザイナー山口裕子さん、建築家ユニットの「クライン ダイサム アーキテクツ」、日本赤十字など。デザインされた世界で一匹だけのショーンは、イベント期間中渋谷区に展示されます。

開催の背景

「Shaun IN SHIBUYA」は各業界のアーティストによるアート性の高いデザインに注目が集まりますが、チャリティイベントであるという点も重要です。
2015年にイギリスでスタートした「Shaun in the City UK Trails」。「ひつじのショーン」を題材にしたこのイベントは、「アートを通じて子供たちを幸せにする」というコンセプトのもと誕生しました。イベントで発生した収益の一部は、イギリスの病院にいる子供たちに寄付されたのです。
そして、「Shaun in the City UK Trails」の想いを受け継いだのが「Shaun IN SHIBUYA」です。イギリスと同様に、展示が終了するとショーンオブジェがオークションにかけられます。そしてその収益の一部が日本赤十字社医療センターや社会福祉法人渋谷区社会福祉協議会に寄付され、子供たちの幸せに役立てられるのです。

イベントアプリも登場!

「Shaun IN SHIBUYA」のイベントアプリが2016年5月5日(木・祝)にリリースされました。ショーンオブジェは渋谷、表参道、原宿、恵比寿、代官山の様々な場所に展示されており、その展示スポットを教えてくれるアプリです。ショーンを発見すると、アプリ内でメダルをもらうことができますよ。
アプリの料金は120円で、この収益の一部も子供たちの未来にために寄付されます。

イベント詳細

名称:Shaun IN SHIBUYA
期間:2016年5月5日(木・祝)~5月22日(日)
展示場所:渋谷、表参道、原宿、恵比寿、代官山
展示数:30 匹 
公式URL:http://www.shauninjapan.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ