静岡・加茂荘花鳥園「花菖蒲・オリジナルアジサイ展」6月19日まで開催

  • 973 |
  • 最終更新:

静岡県掛川市にある加茂荘花鳥園では、「花菖蒲・オリジナルアジサイ展」が開催中です。期間は6月19日(日)まで。江戸中期に建造された庄屋屋敷「加茂荘」の門前に咲き乱れる花菖蒲と、温室に咲く満開のKAMOオリジナルアジサイが華やかに会場を彩ります。

広大な敷地に咲く満開の花菖蒲

里山の風景が残る庄屋屋敷と、その前庭およそ2万㎡にわたる敷地を利用して作られた「加茂荘花鳥園」。江戸時代の庄屋がそのまま残された「加茂荘」には当時の建築を伝える長屋門や土蔵、母屋などが保存されています。敷地のうち約1haの園場にある花菖蒲園は圧巻です。約1,500種100万本の花菖蒲が栽培されています。

温室や庄屋屋敷で咲くオリジナルアジサイ

およそ3,000㎡の広さを持つ展示温室では新品種としても登録されているKAMOオリジナルブランドアジサイが栽培されています。数十年の育成を経て作られた大輪のアジサイです。赤や紫などの美しい色に彩られ、所せましと並べられています。温室はアジサイの即売所も併設されており、その場で購入してもOKです。アジサイのほかにもサクラソウ、ストレプトカーパスなどの花も栽培されています。

小鳥、小動物ふれあいエリア

合鴨農法が行われる花菖蒲園には40羽のカモが放し飼いにされているほか、庄屋屋敷「加茂荘」には人懐こいフクロウも飼われていて餌をあげたり記念写真を撮ったりすることもできます。また、鳥が好きな方は温室内に設けられたバードエリアにも注目です。クロエリセイタカシギやオシドリ、フラミンゴ、クロツラヘラサギなどと触れ合えます。

伝統の料理も魅力 

期間中はよもぎ団子やおはたきもちなどのお菓子をはじめ、田植えの後の慰労の場で食べられていた庄屋料理の入った「庄屋弁当」なども楽しめます。庄屋弁当は予約必須ですので、ご注意ください。

加茂荘花鳥園へのアクセス

車を利用する場合は新東名高速道路森掛川ICより約5分、また東名高速道路掛川ICから約25分です。入園受付の前にある無料の駐車場を利用できます。電車やバスを利用する場合は天竜浜名湖線原田駅より徒歩約20分。JR掛川駅からはタクシーでおよそ20分程の距離です。

スポット詳細
名称:加茂荘花鳥園 「花菖蒲・オリジナルアジサイ展」
期間:2016年4月23日(土)~6月19日(日)
所在地:静岡県掛川市原里110
開園時間:8:00~17:00
定休日:期間中無休
料金:大人(中学生以上) 1,500円   小学生以下無料   シルバー(65歳以上) 障がい者1,200円
公式サイト:http://kamoltd.co.jp/cms/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ