スカイツリーのプラネタリウムに恐竜が登場!「恐竜の記憶」上映決定

  • 3618 |
  • 最終更新:

CGで丁寧に描かれた恐竜の真の姿を科学の探求プロセスに沿ったストーリーで紹介する「恐竜の記憶」が、2016年6月11日(土)から11月7日(月)まで東京都墨田区のコニカミノルタプラネタリウム天空in東京スカイツリータウンにて上映されます。ナレーターを務めるのは人気声優・櫻井孝宏さんです。

Ⓒ凸版印刷株式会社

恐竜の記憶とは?

恐竜の記憶とは、美しく且つ神秘的なサイエンス・エンターテインメント作品です。骨格標本からリアルに再現された恐竜が、ドームいっぱいに投映されます。お子さんはもちろん、大人も楽しめる作品です。ナレーションは、数々のキャラクターを演じる人気声優の櫻井孝宏さんが担当しています。池袋にある姉妹館のコニカミノルタプラネタリウム満天in Sunshine Cityでも、櫻井孝宏さんがナレーションを担当する「スキマスイッチ 宇宙の奏(かなで)」が、6月4日(土)より上映されます。

上映時間や料金は?

上映時間は約40分です。6月11日(土)から7月22日(金)までの期間は、12時の回と17時の回に投映されます。7月23日(土)から8月31日(水)までの夏休み期間中の投映時間は10時の回、14時の回、17時の回の3回です。また、季節の星座案内が同時上映されます。料金は中学生以上が1,200円で、4才以上から小学生までは600円です。

バーチャルリアリティコンテンツ「V×R(ブイ・アール)ダイナソー」

恐竜の記憶は、凸版印刷と国立科学博物館が共同開発した「恐竜」をテーマにした体験型の学習コンテンツ「V×R(ブイ・アール)ダイナソー」を、コニカミノルタの全天周映像システム向けに編集し制作されています。国立科学博物館が収蔵するティラノサウルスとトリケラトプスの骨格標本を寸分の狂いもなく計測し、学術的監修のもとバーチャルリアリティに映像化。スクリーンに凸版VR作品の立体感と奥行きのある映像が投映されます。迫力ある恐竜の姿が存分に楽しめるでしょう。

声優・櫻井孝宏さんが演じたキャラクターは?

愛知県岡崎市出身の声優・櫻井孝宏さんはこれまでに、おそ松さんのおそ松君や、「<物語>シリーズ」の忍野メメなど幅広いキャラクターを演じています。

イベント詳細
名称:全天周ドーム映像「恐竜の記憶」
会場:コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン
所在地:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン イーストヤード7階
上映期間:2016 年6月11日(土)~11月7日(月)
上映時間:約40分
       2016年6月11日(土)~7月22日(金) 12時の回、17時の回
       2016年7月23日(土)~8月31日(水) 10時の回、14時の回、17時の回
公式サイト:http://www.planetarium.konicaminolta.jp/tenku/program/cg/summer_16/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ