今年も静岡県・大井川鐵道を「きかんしゃトーマス号」が走行!新たな仲間はバスのバーティー!

  • 1408 |
  • 最終更新:

静岡県にある大井川鐡道(おおいがわてつどう)に、去年に引き続き今年も「きかんしゃトーマス」の意匠をまとった蒸気機関車の「トーマス号」と「ジェームス号」が帰ってきます。運行期間は2016年6月11日(土)から10月10日(月・祝)の77日間です。今回は新キャラクター・バスの「バーティーも運行決定。パワーアップした内容となっています。お子様とのお出かけにぴったりですね。

蒸気機関車たちが大活躍!大人気アニメ「きかんしゃトーマス」とは?

「きかんしゃトーマス」は、架空の島・ソドー島で働く顔と意志を持った機関車たちの日常が描かれた作品です。原作はイギリスのウィルバート・オードリー牧師が1945年に創刊した「汽車のえほん」。出版後、イギリス国内ではたちまちベストセラーになりました。日本では1973年に絵本が発売。ロングセラーとして愛読される一方、原作を元に製作されたCGアニメーションが1990年の放送開始以来人気を博しています。現在、アニメはNHK Eテレで毎週日曜夕方5時30分から放送中です。未就学児童の定番キャラクターとして長く愛されています。

大井川鐡道の「トーマス号」が今年も運行決定!

静岡県を走る大井川鐡道は、日本では珍しい蒸気機関車が走る鉄道路線です。現役蒸気機関車を一目見ようといつも多くの鉄道ファンが訪れています。

蒸気機関車C11、227号機が使用された「トーマス号」は2014年から大井川本線で運行開始されました。今年も、新金谷(静岡県島田市)から千頭(静岡県川根本町)をトーマス号と、トーマスの頼れる仲間「ジェームス号」が走ります。

今年は初の自動車キャラクター・バスの「バーティー」も登場!

2014年、2015年と鉄道車両の新キャラクターが登場し大いに注目を集めました。

今年の新キャラクターは、初の自動車キャラクターとなるバスの「バーティー」。バーティーは「ソドー鉄道」の駅まで客を運ぶ赤色のバスで、トーマスとは大の仲良しです。7月から営業運転予定で、新金谷駅前から千頭駅前間にて大井川沿いの道路を往復します。

さらにパワーアップした「きかんしゃトーマス」の世界を楽しんでみませんか。

トーマス号・ジェームス号運転日にフェアを開催!

トーマス号、ジェームス号の運転日は「千頭駅」で「トーマスフェア」が開催されます。ヒロ・パーシー・ラスティなどトーマスの仲間たちが大集結。トーマス号とジェームス号の到着を出迎えます。トーマスフェアの入場料は小学生以上500円。会場には様々なアトラクションがありますよ。こちらもあわせていかがですか。

「トーマス号」・「ジェームス号」運転 実施概要
運転日 :2016年6月11日(土)~10月10日(月・祝)
運転区間:新金谷(静岡県島田市)~千頭(静岡県川根本町) 片道距離37.2キロ
乗車料金:特別往復乗車チケット 往復乗車券+フェア入場券 大人1名 5,940 円・小人2,720円
       片道乗車チケット 大人1名 2,720 円・小人1,360円
       ※乗車券の予約はローソンチケットホームページで抽選受付中です

「バーティー」の運転概要
登場予定時期:2016年6~7月 ※営業運転は7月から開始予定
運転区間:新金谷駅前~千頭駅前を予定 ※大井川沿いの道路を往復運転予定
乗車定員:1便あたり16人
申込方法:抽選申込方式で実施予定 ※詳しくは公式サイトにて発表

運転概要URL:http://oigawa-railway.co.jp/campaign#post-2335
大井川鐡道公式サイト:http://oigawa-railway.co.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ