セーラームーン展を爆速レポート!その全貌から前売り券情報まで徹底解説

  • 21620 |
  • 最終更新:

「美少女戦士セーラームーン展」が2016年4月16日(土)から6月19日(日)までの期間限定で開催されています。場所は六本木ヒルズ展望台スカイギャラリー。ここでしか見られない原作者・武内直子氏の書き下ろし原画の数々や、連載当初の貴重なグッズなどが一挙に集まった総展覧会を一足早く、ザ・セーラームーン世代のasoview!NEWS編集部員が徹底取材してきました。六本木ヒルズ森タワーにて同時開催される「ちびうさカフェ」と合わせて、終始大興奮の体験レポートを一挙大公開します!

セーラームーンファン歓喜!六本木ヒルズで期間限定初開催の「美少女戦士セーラームーン展」

講談社『なかよし』で1992年から連載がスタートされた『美少女戦士セーラームーン』。今から20年以上も前に誕生し、90年代に一世を風靡した大人気少女漫画です。小さいとき見てた!なりたかった!という人も多いアラサー女子を筆頭に、その人気は今もなお全く色あせていません。2012年に20周年を迎えたことをきっかけに、人気ファッションブランドやランジェリーブランドとのコラボレーショングッズも多数登場し、20代から30代の女性を中心に第二次ブーム到来中のセーラームーン。今や、国内外問わず幅広い年代から愛される日本を代表するアニメキャラクターです!

そんなセーラームーン初の総合展「美少女戦士セーラームーン展」が開かれると聞いたら、行かずにはいられません!会場は大人の街・六本木にある「六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内 スカイギャラリー」。ギャラリーは52階の高層階にあり、臨める景色も抜群。東京タワーも見られます。取材したasoview!NEWS編集部員も終始大興奮だったファン待望のギャラリー内の見逃してほしくない見どころを、全8つのエリアごとにご紹介します。

エントランス

今回のために書き下ろされた壁一面の「原画」

セーラームーンに登場する三日月と月の王国シルバーミレニアムの宮殿「ムーンキャッスル」をイメージしたエントランス。入った瞬間、どこもかしこもセーラームーンだらけの空間が広がりファン大興奮!

高さ11メートルを超える吹き抜けの大空間には、原作者・竹内直子氏が今回のために書き下ろした原画が壁一面に展示されています。必見です。

展望台の窓に並ぶセーラー戦士の全身イラストにも、ファンは釘づけ間違いなし。お気に入りのセーラー戦士は誰?なんてトークをつい繰り広げてしまいます。日中と夜では雰囲気もだいぶ変わるので、ぜひ両方の雰囲気を味わってほしいです!

可愛すぎて見入っちゃう「イメージの泉」

エントランスの中央部にある「イメージの泉」は、セーラー5戦士の等身大パネルと過去の様々なメディアミックス作品が勢ぞろいしたフォトスポットになっています。

懐かしの「セーラームーングッズ」がこれでもか!というほどに展示されて、入ってすぐのスポットにも関わらず大大大興奮です。

記念撮影がマスト!憧れの「セーラームーン等身大パネル」

「月にかわっておしおきよ!」ポーズのセーラームーン等身大パネルと共に記念撮影をしてみてください!バックには、作品の舞台になっている麻布十番や東京タワー、六本木の街の絶景が広がります。
 

絶対見たい「日没後限定のライトショー」

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ