東京・八王子で「ホタルの夕べ」開催!幻想的な天然ホタルに酔いしれる

  • 2360 |
  • 最終更新:

東京都八王子市にある農村体験型レクリエーション施設「夕やけ小やけふれあいの里」で、ホタルの観賞イベント「ホタルの夕べ」が開催されます。期間は2016年6月11日(土)から26日(日)まで。緑豊かな山々に囲まれ、自然を身近に感じられる夕やけ小やけふれあいの里は、天然のホタルが観賞できる人気スポットです。

matsuura-photog.cocolog-nifty.com

都内で自然を満喫できるスポット「夕やけ小やけふれあいの里」

東京都八王子市にある「夕やけ小やけふれあいの里」は、詩人・中村雨紅が作詞した童謡「夕焼小焼」のモデルになった農村体験型レクリエーション施設です。ポニーやウサギ、モルモットと遊べるふれあい牧場や芝生広場、バーベキュー施設、宿泊施設「おおるりの家」などがあり、気軽にアウトドアを楽しめます。また、田植えや稲刈り体験など季節に合わせた農業体験イベントも行われ、子供から大人まで1日中楽しめるスポットです。

天然のホタルを楽しめる「ホタルの夕べ」が今年も開催!

春は桜やツツジ、夏なら新緑、秋には紅葉、冬になると雪の里山風景が楽しめる「夕やけ小やけふれあいの里」。毎年初夏は、園内の小川や北浅川で育ったゲンジボタルを鑑賞できる「ホタルの夕べ」が開催されます。飛び交うホタルはおよそ2,500匹。昼間は深い草陰で休んでいたホタルは、夜になると光を灯しながら飛び交います。
2016年の「ホタルの夕べ」は6月11日(土)から26日(日)までの開催です。通常の開園時間は9時から16時半ですが、開催期間中なら21時まで延長されます。さらに18時以降の入場料は無料です。都内で気軽にホタルを観賞しませんか。

また、6月は「ホタルの夕べ」以外に田植え体験やあじさい散策などのプログラムも用意されています。併せてチェックしてみてください。

スポット詳細
スポット名:夕やけ小やけふれあいの里
住所:東京都八王子市上恩方町2030
アクセス:京王高尾駅から西東京バス陣馬高原下行きに乗車し約30分、バス停・夕焼小焼下車、徒歩すぐ
営業時間:4月~10月 9:00~16:30、11月~3月 9:00~16:00
定休日:無休
入場料:入場料大人200円、小人100円
公式サイト:http://yuyakekoyake.jp/

イベント詳細
名称:ホタルの夕べ
開催日程:2016年6月11日(土)~26日(日)
開催時間:18:00~21:00
入場料:無料

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ