おとめ山公園で「ホタル観賞の夕べ」開催!都内では珍しい自然飼育のホタルを鑑賞

  • 3324 |
  • 最終更新:

東京都新宿区下落合にある「おとめ山公園」は、都心にありながら「東京の名湧水57選」に選ばれている公園です。近年は、その美しい湧き水を利用してホタルの養殖も行われており、例年7月上旬には、ゲンジボタル、ヘイケボタルの2種類のホタルが飛び交う様子が楽しめます。

https://trippiece.com/

湧水を利用したホタルの養殖が盛んな「おとめ山公園」

「おとめ山公園」は、落合崖線に残された斜面緑地に位置する公園です。 おとめ山は、御留山または御禁止山と書き、江戸時代にこの一帯が徳川家の狩猟地で一般人の立ち入りが禁止されていたことが名称の由来となっています。第二次世界大戦後は、国有地として荒れ果て、国家公務員住宅の建設予定地となっていましたが、森林の喪失を憂えた地元の人たちが「落合の秘境」を保存する運動を起こし、1969年にその一部が公園として開園しました。

園内は、「高田馬場駅」から徒歩7分とは思えない程自然林が残されており、地元の人たちの憩いの場として親しまれています。また、東京の名湧水57選」に選定されていることでも知られ、湧き水を利用したホタル養殖が近隣の住民たちによって行われています。大量の自然発生を夢みて、水や土の改良・改善、カワニナの飼育保護などが地道に続けられています。

http://renoman-shinjuku.

初夏の風物詩・「ホタル観賞の夕べと夜のおとめ山公園」が毎年開催!

地元の人たちが主催の「ホタル観賞の夕べと夜のおとめ山公園」は、今年で15回目を迎える初夏の恒例行事です。普段、夜間の利用ができない「おとめ山公園」の中を通り抜け、ホタル舎の中を歩いて観賞します。発生するホタルは、ゲンジボタルとヘイケボタルの2種類。都内ではなかなか見ることのできない自然飼育の貴重なホタルが鑑賞できますよ。夜の「おとめ山公園」に光る淡い光を、カップルやファミリーで楽しんでみてはいかがですか。

なお今年の開催日程は、新宿区の公式サイトにて後日発表されますのでお見逃しのないようにしてくださいね。

スポット詳細
名称:おとめ山公園
住所:東京都新宿区下落合2-10
アクセス:JR「高田馬場駅」から徒歩7分。
営業時間:[4月~9月]7時~19時、[10月~3月] 7時~17時
定休日:無休
入場料:無料
新宿区公式サイト:http://www.city.shinjuku.lg.jp/

イベント詳細
名称:ホタル観賞の夕べと夜のおとめ山公園
開催期間:2016年7月上旬の土・日曜2日間のみ ※後日発表
開催時間:19時~20時30分(予定)
料金:無料

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ