埼玉・宮代町「新しい村」でホタルの夕べ・観賞会を開催!ホタルに関するイベントも目白押し

  • 1969 |
  • 最終更新:

埼玉県南埼玉郡宮代町にある「新しい村」は、田舎を楽しむアミューズメントパークです。山崎山の景観を残して平成13年9月にオープン。敷地内は、個人で借りることが出来る市民農園や、宮代町産の産直市場があります。ホタル観賞が楽しめるのは2016年6月18日(土)と6月19日(日)の2日間です。6月18日(土)には、芝生広場特設ステージで「ホタルの夕べ・観賞会」が開催されます。家族や友人と一緒にホタル観賞に出掛けてみませんか。

http://ameblo.jp/

ホタルの夕べ・観賞会とは?

観賞できるのは「NPO法人 宮代水と緑のネットワーク」が、パーク内水路に放したヘイケボタルです。ホタルが舞う自然豊かな環境を取り戻し自生させようと願って開催されます。小雨決行、参加費は無料です。ステージイベントや、ホタルクイズなど楽しい催しも用意されています。

「新しい村」についてご紹介

市民農園では、野菜やハーブ、ブルーベリー、巨峰など幅広く栽培できます。専門の指導員が随時質問を受け付けており初心者でも取り組みやすいでしょう。施設内には、宮代町で育った新鮮な野菜や加工品、オリジナル商品を揃えた「森の市場 結(ゆい)」や、四季折々のメニューが楽しめる「森のカフェ」、「森の工房」、「魔女のハーブ園」などがあります。とても静かでいい所ですよ。村といった感じはしませんが、宮代町の魅力がギュギュっと詰まった魅力的なスポットです。

http://www.jalan.net/

東武動物公園の絶叫コースターでストレス発散

東武動物公園では、国内でも珍しい希少種のホワイトタイガーが飼育されています。動物たちに餌やり体験も出来ますよ。遊園地で遊ぶなら、2大コースターの水上木製コースター「レジーナ」&新滑空水上コースター「カワセミ」に乗り絶叫してストレスを発散しませんか。カワセミは特にスリル満点です。夏はプール、冬はイルミネーションも満喫できます。

東武動物公園公式サイト:http://www.tobuzoo.com/

「新しい村」へのアクセスは?

公共交通機関を利用する場合は、東武伊勢崎線「東武動物公園駅」西口下車、徒歩約15分です。駅からバスを利用する場合は「東武動物公園」行きに乗り「東武動物公園」の東口ゲートより徒歩約1分。
自家用車を利用する場合は、東北道久喜ICより約20分、岩槻ICより約30分です。「新しい村」は、東武動物公園の至近に位置しています。特徴的な赤い建物の宮代町立笠原小学校の裏手です。敷地内に駐車場は6ヶ所あり、合計約100台が無料で駐車できます。

スポット詳細
名称:新しい村
住所:埼玉県南埼玉郡宮代町字山崎777-1
ホタルの夕べ開催日時:2016年6月18日、6月19日
観賞日時:18:00~20:30(土)、19:00~20:30(日)
ホタルの種類:ヘイケボタル(放流・人工飼育)
公式サイト:http://kouhone.blog.fc2.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ