ピーク時には300匹のホタル!埼玉北本市「北本自然観察公園」で幻想的な光景を楽しめる

  • 2836 |
  • 最終更新:

埼玉県北本市にある「北本自然観察公園」は、草原や雑木林、水辺など、豊かな自然に囲まれた公園です。春の新緑、初夏のホタル、秋の花々、冬のバードウォッチングなど、四季折々の自然を楽しめるように整備されています。園内には「埼玉県自然学習センター」があり、公園で暮らしている生き物たちの最新情報を発信。ここでは7月中旬から8月中旬にかけて飛び交うホタルの情報を中心にご紹介します。

www.flickr.com

天然の美しいホタルを観賞できる

ホタルは水がキレイな場所でしか繁殖できません。北本自然観察公園に生息しているのは、自然発生するヘイケボタルです。ピーク時には300匹以上の姿が観賞できます。
皆さんはご存知でしょうか、天然のホタルの場合1,000匹程度の幼虫ホタルのうち成虫になるのは3匹程度です。天然のホタルが観賞できるのは、とても貴重だと分かりますよね。同じ時期にはセミの羽化が見れたり、夜に咲くカラスウリの花を眺めたり楽しめます。
園路はほぼ土の道です。ぬかるみやデコボコした場所があります。ケガや虫さされ防止のため、ヒールやサンダルは避けて靴下と運動靴を履いて出かけましょう。

ガイドつきホタル観賞会に参加しよう

2016年7月15日(金)、22日(金)、25日(月)から29日(金)までと、31日(日)、8月5日(金)、6日(土)にガイドつきのホタル観賞会が開催されます。こちらは事前申込が必要です。また、定期的に自然観察会が実施されており、2016年8月6日(土)にはヘイケボタルや、夜の生きものを観察するオリエンテーリングが行われます。こちらも事前申込制です。参加を希望する人は直接問い合わせてみて下さいね。

北本自然観察公園へのアクセスは?

公共交通機関を利用する場合は、JR「北本駅」より川越観光バス北里メディカルセンター行き、または石戸蒲ザクラ入口行きで約15分、自然観察公園前下車、徒歩すぐです。自家用車を利用する場合は、圏央道「桶川北本IC」より県道57号経由で約3kmおよそ10分です。または国道17号、県道312号経由で約4.5kmおよそ15分です。駐車場は約100台分用意されています。料金は無料です。

北本自然観察公園は、池や湿地帯のエリアと、雑木林などの里山エリア、大草原のエリアの3つのエリアから成ります。隣接して小さなお子さん向けの「北本市子供公園」があり、老若男女みんなが楽しめる公園です。自然の恵みにふれながらオゾンをたっぷりと浴びて、気持ちの良い時間を過ごせるでしょう。園内は自転車での乗り入れもOKです。

スポット詳細
名称:北本自然観察公園
住所:埼玉県北本市荒井5-200
観賞期間:2016年7月中旬~8月中旬
観賞時間:19:00~20:30
観賞エリア 自然観察公園内の湿地
ホタルの種類:ヘイケボタル(自然発生)
公式サイト:http://www.saitama-shizen.info/koen/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ