水とホタルの里・群馬県東吾妻町箱島地区は北関東最大級のホタルの里

  • 1648 |
  • 最終更新:

日本名水百選にも選ばれた箱島湧水の豊かな水によって育まれたホタルの生息地「東吾妻町箱島地区」。地元ボランティアの方々によって守られている自然環境の中で、天然のゲンジボタルやヘイケボタルが乱舞する見事な光景を見ることができます。

http://www1.town.higashiagatsuma.gunma.jp/

天然のホタルが作りだす幻想的な夏の夜

樹齢400年ともいわれる箱島不動堂の大杉。その根元から湧き出る豊かな箱島湧水の水量は日量で3万トンにも及びます。ホタルの生息地はこの水を水源とする鳴沢川流域に広がります。地元住民ホタル保護の会によって、河川の清掃作業や農薬の制限など様々な努力で環境が保護されてきました。その結果、近年では珍しい天然のホタルを楽しめるスポットとなったのです。

関東でも有数のホタル鑑賞ポイント

毎年6月中旬から7月下旬にかけて見事なホタルの飛翔を鑑賞できます。ゲンジボタルは6月初旬から6月下旬、ヘイケボタルは6月下旬から7月中旬が見頃です。箱島地区はホタルの数が多く、飛翔がピークを迎える夜20時から21時ごろになると夏の夜空にホタルの光が無数に飛び交う幻想的な光景を楽しむことができます。

スポット詳細
名称:東吾妻町箱島地区
所在地:群馬県東吾妻町箱島
期間:6月中旬~7月下旬  19時~21時
アクセス:関越道渋川伊香保ICから国道17号、県道35号経由30分
公式サイト:http://www1.town.higashiagatsuma.gunma.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ